>  > SMAP・香取慎吾、映画『バクマン。』大絶賛! 佐藤健と香取の意外な共通点とは......?
TVワイドショーななめ読み

SMAP・香取慎吾、映画『バクマン。』大絶賛! 佐藤健と香取の意外な共通点とは......?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1006_01.jpg

映画『バクマン。』公式サイト(リンク

 10月3日放送の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に、同日公開した映画『バクマン。』で主演を務める俳優・佐藤健がゲスト出演。この日放送15年目を迎えた同番組司会のSMAP・香取慎吾と、様々なトークを繰り広げた。

 映画『バクマン。』は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって2008年から2012年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された人気漫画の実写版で、佐藤は同じ事務所の俳優・神木隆之介とのW主演を務めた。同映画は実際の撮影とプロジェクションマッピングの技術を併用した初の試みでも注目を集めている。

 この日の番組テーマは"新・ご飯の友 VS 新・パンの友"ということで、香取はオープニングで佐藤に対し「ご飯いっぱい食べますか?」と質問した。佐藤は「僕いっぱい食べます。友達にビックリされることが多いくらい食べます」と、細く引き締まった身体からは想像もつかない回答で香取を驚かせ、「体型の維持とか、俺よりちゃんとしてる」と言う香取に、「食べないと、むしろ痩せていっちゃう」と説明。それを聞いた香取は、「食べないと痩せていっちゃう......? 欲しい、その機能!」と羨ましがった。

tv_1006_02.jpg

テレビ朝日『SmaSTATION!!』公式サイト(リンク

 番組では"九条ねぎキムチ"や"オリーブの佃煮"などのご飯の友や、"パンかけ醤油"に"ぶどうマスタード"といったパンの友が紹介され、スタジオの佐藤も試食。佐藤は、ご飯に載せたねぎキムチを頬張って「間違いないですし、シャキシャキ感が美味しい」と感想を口にするも、甘い醤油をかけたパンには「甘いんですけど、醤油です。これは......伝えづれぇー」と食リポに苦戦。しかし、オリーブご飯には「うめぇ!」「ご飯にめっちゃ合う」と笑顔を浮かべ、ぶどうマスタードのサンドイッチはマスタードの方が強いと述べながらも「美味しい」と呟いた。その後、"鶏ポン"ご飯や"えびソーセージ"サンドなどを「美味しい」「ウマい」と試食した佐藤だが、食べたものを振り返った時には「オリーブが想像を超えてきました」とご飯との意外なマッチングを評価した。

 番組終盤、視聴者からの質問で"なかなか辞められないコト"を問われた佐藤は、「寝る前にネットを見る」ことが辞められないんだとか。また、そんな佐藤はロサンゼルスでカレンダーの撮影をしていた際、「BANKSY」というストリートアーティストの作品を偶然発見したのが嬉しかったとのこと。これに対し、香取も「僕も(BANKSYが)好き」と明かし、2人の共通点が発覚した。

 佐藤が最後に映画『バクマン。』について、「王道の青春ストーリー」「漫画作りの裏側をリアルに描きながらも、最先端の技術や映像表現を使ってオシャレに仕上げた映画」などとPRを行うと、香取は「もうほんと面白かった!」「絶対観たほうがいいよ。観ないのが分からない!」とベタ褒め。エンディングでも香取はエンドロールや音楽まで延々と褒めまくりで、佐藤は嬉しそうに「あざーす!」と頭を下げた。


(提供=テレビマニア)