>  > SEXY ZONE・中島健人、憧れの山下智久からメルアド聞かれ「本当に感動」! 甘い言葉は父親譲り?
TVワイドショーななめ読み

SEXY ZONE・中島健人、憧れの山下智久からメルアド聞かれ「本当に感動」! 甘い言葉は父親譲り?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1010_03.jpg

『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』公式サイト(リンク


 10月8日深夜放送の『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』(日本テレビ系)にSexy Zone・中島健人がゲスト出演し、ジャニーズの先輩・山下智久との交流などについて語った。

 同番組にはこの日、"1993年度生まれ"のゲストとして中島のほかにモデル・朝比奈彩と大沢ケイミが出演。それぞれの過去にまつわる秘密の荷物が登場し、トークを展開した。

 最初に届けられたのは中島宛ての荷物。送り主欄には"中島健人の父"と記されており、番組進行のお笑いコンビ・タカアンドトシはさっそく「中島健人の父?」「ウルトラの父的な」とイジった。中島は戸惑いながら荷物を開封しつつ、現在も実家暮らしだが仕事でなかなか家に居られないことを説明。中島が取り出したのは筒状に丸められた大きな用紙で、広げてみると"ワールドカップベスト8とその国々の特徴"という文字や様々な国旗のイラストがまとめられていた。「サッカーが大好き」と話す中島は、小学校3年生の夏休みの自由研究で、2002年の日韓ワールドカップでベスト8に残った国をまとめたんだという。

 中島は同梱されていた封筒を開け、チラッと見えた写真に「うわっちょっと待って!」と激しく動揺。しかし、トシの「貸しなさい」「ジャニーズだろうが関係ない」という言葉に負けて、封筒を差し出した。中に入っていたのは、サッカーのユニフォームを着た中学1年生の中島の写真。タカトシは「かわいい!」「全然恥ずかしがることない」と褒めたが、大沢の「超美少年」「この時の方がカッコいい」という発言には、スタジオ中から「えー!?」と反論するような声が上がった。中島が当時ゴールキーパーを務めていたと話すと、タカは「こんなカッコいいキーパーいなかった」と言い、「俺らの時代はデブがやらされていた」「俺キーパーやらされてましたもん」と中島との違いを強調した。

 また、中島には父からもう一つ荷物が届いており、中には"楽しそうなセバス"と題された版画が入っていた。セバスとは中島家で飼っている亀の名前で、小さなセバスを片手に乗せた小学校2年生の中島の写真も紹介されたが、現在のセバスの写真を見るとかなり大きく育っていた。

 その後はトシが、中島の父から届いていた手紙を読み上げることに。手紙は「健人がジャニーズに興味を持ったのは、小学校6年生くらいだったかな」という書き出しで、当時NEWSの一員だった山下智久とKAT-TUNの亀梨和也がドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で共演したことをキッカケに結成されたユニット「修二と彰」が流行っていて、中島がお小遣いをアイドル雑誌に費やしていたことなどが書かれていた。

tv_1010_04.jpg

SEXY ZONE公式サイト(リンク

 さらに、中島と言えば"王子様キャラ"のイメージが定着しているが、手紙の最後には「最近テレビを見ていて気付いたことがあります。『甘い言葉』や『ささやき』をよく口にしていますが、昔の私もそうだったなぁと思ったよ」と、息子の言動が父親譲りであることが明かされていた。中島は「親父!」と恥ずかしそうにしていたが、父のキザな部分には確かに思い当たる節があるとのこと。中島が20歳になって初めて一緒にお酒を飲んだ時、父は店のマスターに用意してもらったスペシャルカクテルに「Twenty Kenty shining star」と命名したんだとか。中島は「(父が)そういう名前をすぐつけられる」ところに、自分の王子様キャラの血筋を感じているようだった。

 手紙の内容を振り返り、「修二と彰」でジャニーズに興味を持ったというエピソードには、タカが「"亀"付くもんね。亀梨くん」とセバスネタに絡めて笑いを誘った。また、トシの「実際に本物と会った時はどうだったか」という質問には、中島は「感動が大きすぎて声が出なかった」と告白。さらに、5年ほど経って山下からメールアドレスを聞かれた時にも本当に感動して、やはり声が出なかったと語った。

 中島の荷物を確認し終えた後は、朝比奈の父から届いた"中学時代の陸上部の写真"が披露された。朝比奈の高校時代の激走映像も放送され、「素敵でした」と感想を述べた中島に、大沢からは「脚見てたでしょ」という指摘も。

 番組後半には、今度は中島の大学の友人・武田くんから荷物が登場。中島が大学のキャンパスにいるという事実を不思議がるタカトシに、中島は「普通にいます」「普通に学食でステーキ食べてます」と言ってさらに驚かせた。荷物の中身は、大学1年生時に武田くんと一緒に受けていたという授業の教科書。武田くんからの手紙には、「大学の授業中、俺らの目の前に座っているスタイル抜群の美女に気を取られながらも、必死にこの教科書に2人でメモを取った」というエピソードが記されていた。また、中島が図書館でイヤホンを付けてクラッシックを聴きながら勉強していて「心が落ち着くんだよ」と言ったのに対し、武田くんは「貴公子かよ」と思っていたそうだ。

 中島は、「全体的にうちの大学は美女が多いと言われてて」と言いながらも、自分は授業に集中していたと主張。しかし、入学したての頃に中島に気づいた学生達が騒ぐこともあったが、その時に騒ぎを収めてくれたのが武田くんだったという友情話も披露した。

(文=テレビマニア