>  > 『ぶっ殺してやる』と叫んだ老人の恋!工藤明男があの芸能人夫婦に例えてひとこと?
工藤明男コラム

『ぶっ殺してやる』と叫んだ老人の恋!工藤明男があの芸能人夫婦に例えてひとこと?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ラブレター読まれず20代女性を脅迫、78歳男「ぶっ殺してやる」

「TBSテレビ 2015年10月17日(土) 12時51分 」

news2614387_6.jpg


 すごい黄昏流星群。

 最近、高齢者が起こす恋愛絡み(ストーカー)の事件が増加してるんだとか。

 ボケが始まってるのか未だに終わらない青春街道突っ走ってるのか分かりませんが、とにかく元気ですね。

 それにしてもいきなり結婚とは勇み足が過ぎる 笑

 孤独な老人が客として通っていた喫茶店の店員が、少し優しかったというだけで、頭の中で時間軸が曲がっちゃったのかな?

 しかも、いくら断られたからって『ぶっ殺してやる』はない。

 せめて『あばよ!いい夢見ろよ!』でしょ。

 しかし、これが超資産家だったら、全く別の話になっていたかも知れない。

 むしろ、いい話になっていた可能性すらある。

 よくよく考えてみたら、加トちゃんの夫婦も似たような年齢差ですし、相手の女性に何かしらメリットがあれば可能性はあったのではないかと思う。

 例えば、それが潤沢なお金だったり、あるいは莫大な資産だったり、もしくは高額な生命保険だったり。

 はたまた、それに値するような金銭にまつわる何かであったり。

 あ、全部一緒か 笑

 結婚後はガンガン油っこい料理を作ってあげて、男友達と『うぇーい。お疲れちゃーん!』って感じで酒でも飲んでいれば、いずれ新しい人生のスタートを切れるんじゃないでしょうか。


katoucha.jpeg
出典:img.news-us.jp

 ちなみに僕は別に加トちゃん夫婦にイチャもんをつけているわけではないのであしからず。

 もはや何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが、自称・無職、石坂登容疑者(78)にひとこと言わせて頂くと、『年寄りの冷や水』もほどほどに。

 (文=工藤明男)