輩な和彫り柄と反体制の象徴がドッキング?今年前半話題をさらった、Dr.…(1/2)" />
 >  > BABYMETALもびっくり!? 進化する詐欺の手口「諦めさせる詐欺」
R-ZONEアンダーグラウンド通信

BABYMETALもびっくり!? 進化する詐欺の手口「諦めさせる詐欺」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進化・細分化する「騙す手口」

 近年増加傾向にある新しいタイプの詐欺が「諦めさせる詐欺」
 そのひとつの例としてドクターマーチン詐欺をとりあげてみたい。


1014martin_06.png

輩な和彫り柄と反体制の象徴がドッキング?今年前半話題をさらった、Dr.martens 2015 " 1460 8 EYE BOOT "TATTOO"

 ドクターマーチン(Dr.Martens)。

 ドイツのクラウス・マーチン博士によって開発されたバウンシングソールを特徴とするドイツブーツブランド。世界的にも老若男女の間で人気の高いブランドで、有名ミュージシャンや有名モデルの中にもドクターマーチン愛好家は多い。
 ドクターマーチンがドイツの靴ブランドと聞いて「え?イギリスでしょ?」となる人も多いはず。ドクターマーチンと言えばそれだけロンドン・イギリスというイメージが強い。イギリスのユニオンジャックデザインのドクターマーチンも存在するぐらいだ。しかし、実はドイツである。でも、イギリスというのも間違いではない。なんじゃそりゃ?
 種を明かせば、1959年頃にイギリスの靴製造メーカーであるGriggsがその販売権を買い取り積極的に製造と販売を開始した経緯により、ドクターマーチン=ロンドン・イギリスというイメージが定着している。現在ではGriggsの後進でイギリスにあるAirWair社が販売を行っている(製造地は別)。よって、正確には、ドイツ生まれのイギリスブランドという感じか。

 100年近い歴史を持つドクターマーチンの人気は現在でも衰える事なく、日本国内にも東西南北の主要都市のおしゃれ街には必ずドクターマーチンの正規店があり連日来店客で賑わっている。東京スカイツリーの複合商店舗である東京ソラマチの中にもドクターマーチン・ソラマチ店が出店されているほどだ。

1014martin_02.jpg

ドクターマーチンは、クラッシュのジョー・ストラマーといったパンクやスカのレベルミュージシャンから、今をときめくBABYMETALにまで愛用される「カウンターカルチャー」スタイルのアイコン的シューズなのだ。(カウンターカルチャー55周年を記念したドクターマーチンPHOTOBOOK掲載のCNN記事より

 ドクターマーチンは中古品でさえも、所謂、ビンテージものとして人気が高く、インターネット販売やネットオークション等でも熱心なファンたちによる取引が繰り返されている。
 そんな中、ドクターマーチンを扱うネットショップの中には「激安破格値」で新品のドクターマーチンを販売しているHP店がある。
 ドクターマーチンの販売価格は、モデルやシリーズによって2万円ぐらいで手に入るものもあれば5万円以上の値段がするものもある。それが「ネットショップの激安破格店」では1/4の値段で売られたりしていることがある。正規2万円なら5000円。正規5万円なら12000円ぐらい。これは超破格だ?!
 ドクターマーチンの場合は、そのデザインに惚れ込んでファンになる人が多く、値段優先型の成金主義ブランドとは一味違う。だから、ファンにとってはなるべく安価で欲しいモデルを入手したいという本音もある。そんなファンの本音に応えたのか?近頃、超破格値のビックリ安価でドクターマーチンを販売しているネットショップが多い。しかもモデルやシリーズの取り揃えが豊富。前モデルの在庫数も足したらきっと国内の正規店よりも在庫数が多い。
 
 さて、ここで、皆さんもよくご存知のセリフがある。
「世の中、そんなに甘くない」。

 ドクターマーチンの廉価モデルが超安価で手に入るネットショップ。そんなあま~い話があってもいいのだろうか?