>  > 水谷豊、『相棒』は「ギリギリの状態でやってる」!? "新相棒"反町隆史は「『どうなるんだろう』って不安もあった」と本音吐露
TVワイドショーななめ読み

水谷豊、『相棒』は「ギリギリの状態でやってる」!? "新相棒"反町隆史は「『どうなるんだろう』って不安もあった」と本音吐露

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1013_01.jpg

『相棒 season14』公式サイト(リンク


 いよいよ10月14日からスタートする『相棒 season14』(テレビ朝日系)。主演を務める俳優・水谷豊と、新相棒・冠城亘を演じる俳優・反町隆史が『ワイド!スクランブル』(同)のインタビューに応じた。

 『ワイド!スクランブル』では12~14日まで『相棒』の特別企画を行っており、久保田直子アナウンサーがドラマの撮影現場に潜入。12日の放送では水谷のインタビューが放送され、「相棒が長く続いている秘訣は、どういうところにあると思いますか?」という質問に水谷は「ずっと一貫して『相棒』がやっているのは"今を意識している"ということでしょうかね。今、世の中で起きていることとか、今の状態を常に切り取っていくという」と、分析。久保田アナが「でも、今を切り取るってことは時間との勝負だったりして......」と振ると、「ですからいつも、ギリギリな状態で(笑)。みんなギリギリの状態でやってると思います。それがスリリングで番組への緊張感みたいなものになってるのかもしれませんね」と、独自の見解を述べた。

 また、初共演となる反町の印象については「あの~、(撮影を)やってみると面白い」と語る水谷。「なんかこう、やっぱり芝居って(芝居)しきれないんですね。どうしても追いつめられると、芝居ではなくてその人そのものがこぼれ出てくるものだと思うんですね。で、そのこぼれ出てくるものが面白い。いいものがフッとこう、くるので。きっといい経験を一つしてきてるんだろうなという風に思いますけどね」と話すように、水谷は早くも反町を高く評価しているようだ。

 そして、13日は反町の独占インタビューをオンエアー。『相棒』出演について「『どうなるんだろうな』っていうのが正直なところ、まぁ疑問はあったんですね。不安もありましたし」と率直な心境を吐露し、出演が決まった際の周囲の反応に関しては「やたら電話がかかってきましたね、やっぱり。『おめでとう』みたいな」と、裏話を明かした。

 反町が演じる冠城は、今までの相棒とは違い、警察官ではなく法務省のキャリア官僚という役どころ。反町は「まぁ、頭が良い人間だとは思うんですね。ただちょっと女性好きというか......。ちょっと三枚目というか、ちょっと軟派というか。そういう設定になってまして、そこで杉下右京(水谷)さんと絡んだことによってちょっと面白いというか」と、自身が演じるキャラクターを説明。

 同じく水谷の印象を聞かれると、「スタッフの方とかにね、やっぱりすごく愛情を持って接したりとか。シーンが始まる前、朝一番に入ってきてみんなに一人ずつ握手するわけですよ。『おはよう』みたいな。そういうところは後輩として見習っていかないといけないかなとは思います」と、尊敬の眼差し向ける反町。

 一方の水谷は前日とは別に反町の"素顔"についても言及しており、「基本的に優しいんですよ。ものすごく優しい、人にね。そっけなく振る舞ったりするけど、すごく優しい。リーソー(反町)はね、アウトドア派なんですよ。けっこう外行ってなんかやったり、釣りもそうだし、いろんなこと好きだから。ぜひ僕を"アウトドア色"に染めてほしいですね」と、期待を寄せた。

 この水谷からの"お願い"を聞かされた反町は「これ、難しいですね。どうやってセッティングしようかな、みたいな」と困惑しながらも、「本当に機会があったらぜひ一緒に行きたいと思いますね」と、前向きな姿勢を見せていたのだった。

 久保田アナによれば、水谷は反町のことを「リーソー」のほか「ソリ」「タカーシー」と呼ぶこともあるんだとか。果たして2人がプライベートで"相棒"になる日も来るのか――? 

 14日の『ワイド!スクランブル』では、2ショットのインタビューが放送される。

(文=テレビマニア