>  > 笑福亭鶴瓶、福山雅治&吹石一恵の"世話人"説を否定! 世の中の「福山ロス」にも言及
TVワイドショーななめ読み

笑福亭鶴瓶、福山雅治&吹石一恵の"世話人"説を否定! 世の中の「福山ロス」にも言及

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1009_01.jpg

『きらきらアフロTM』公式サイト(リンク

 10月7日深夜放送の『きらきらアフロTM』(テレビ東京)で、落語家・笑福亭鶴瓶が9月28日に結婚を発表した俳優・福山雅治と女優・吹石一恵の話題に触れた。

 2001年3月に発売された女性誌『an・an』(マガジンハウス)で、福山が当時18歳の吹石の高校卒業記念写真を撮影するという企画で出会って以降、交流がなかったという2人。そんな吹石と福山が5年前に再会を果たすキッカケを作ったのが鶴瓶であると、一部報道が伝えていた。

 この日の放送で鶴瓶は、番組進行の相方でタレントの松嶋尚美に福山の結婚話を切り出し、自分が2人の世話をしたという事実はないと否定した。それどころか、鶴瓶は自身が司会を務めるトークバラエティ『A-Studio』(TBS系)の2013年3月放送回で初めて福山と対面したと言い、報道にあるような"5年前からの知り合い"ではないと主張。一方で、吹石とは以前から交流があった鶴瓶は、彼女について「あんなええ人はいない」「あいつはもう抜群」とその人柄に太鼓判を押した。それを聞いた松嶋も、「なんであんな芸能界で擦れへんわけ? すごいよ」と感心して頷いた。

 鶴瓶は吹石の父で元プロ野球選手・吹石徳一から「こっち(芸能界)の父親」とも言われているそうで、娘のように可愛がっている吹石からは福山との結婚発表前に一足早く報告を受けていたと告白。突然のメール報告に思わず「うっ...」と声を上げてしまった鶴瓶は、周囲にいた人達から何があったのかと聞かれて焦ったが、誰にも言えずにいたんだとか。

 鶴瓶は改めて「福山さんはええ人と結婚したわ」と、吹石をよく知るからこその言葉を呟き、松嶋も「ほんま」「めっちゃいい子。芸能界一と言ってもいいくらい」と絶賛した。

 その後、鶴瓶は世間の女性の間に広まる"福山ロス"にも言及。これは福山の結婚報道を受けて、ファンの女性達が仕事を早退したり休んだりしている"虚脱状態"を指し、これまでも俳優・西島秀俊や向井理などが結婚した際に同様の現象が広まった。鶴瓶は初め、このような女性達の心理状態を理解できなかったそうだが、「女の人は必ず憧れがある」と理解できるようになったという。例として、自分の妻が結婚前に「あなたは現実」と鶴瓶に言い、一方で鶴瓶の同級生でタレントの原田伸郎のことを「憧れ」と何度も言っていたことを挙げた。その上で、現在の妻にとっては韓国のアイドルグループ・2PMが「憧れ」で、自分は今でも「現実」の立場にあると説明したが、「オレはいつ憧れになるの!?」とも訴えた。


(文=テレビマニア