>  > 青木源太アナ、『PON!』で"ジャニーズ愛"が爆発! KIS-MY-FT2・玉森裕太も「がっつきますね」とツッコミ
ワイドショーななめ読み

青木源太アナ、『PON!』で"ジャニーズ愛"が爆発! KIS-MY-FT2・玉森裕太も「がっつきますね」とツッコミ

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1015_01.jpg

『青春探偵ハルヤ~大人の悪を許さない!~』公式サイト(リンク


 10月15日放送の情報バラエティ『PON!』(日本テレビ系)に、Kis-My-Ft2・玉森裕太が生出演。同局で15日午後11時59分スタートするドラマ『青春探偵ハルヤ~大人の悪を許さない!~』で共演する女優・新川優愛と共にドラマPRに訪れたが、ジャニーズファンを公言する青木源太アナウンサーとのトークも盛り上がった。

 トークコーナーが始まると、真っ先に番組MCのますだおかだ・岡田圭右が青木アナのテンションが上がっていることを伝え、振られた青木アナも「玉ちゃんにこんな近くでお会いできるなんて......」と満面の笑み。さっそくのアダ名呼びに、玉森は「玉ちゃん! 玉ちゃんって呼ぶんすか」と驚いた様子を見せた。ジャニーズのアイドルが大好きな青木アナは、「キスマイのライブも行かせていただいて」と自己紹介。それを聞いた玉森がお礼を述べて、キスマイの中では誰が一番好きなのかと尋ねると、青木アナは「もう全員好きです」とグループ全員を応援しているとのこと。さらに、青木アナが「お風呂上がりはいつもキスマイタオルで体拭いてます」と明かしたため、玉森は手を叩いて笑った。

 青木アナが「玉ちゃんとたくさんお話すること」を楽しみにしていたと熱弁していると、青木アナと玉森の間に座っていた新川が「(席)代わりますか? 大丈夫ですか?」と気を遣う一幕も。真に受けた青木アナが小声で「代わってくれるんですか?」と確認すると、さすがの岡田も「コラァ! 源太!」と注意した。

 その後、ゲスト2人の赤ちゃん写真が公開され、青木アナから「玉森さんの小さい頃。つまりは小玉ちゃん」と紹介された玉森は「スゴイっすねぇ」と笑顔。当時2歳の可愛らしい小玉ちゃんの写真が映し出されると、青木アナは腰を浮かせてスタジオのモニターに近づき熱心に眺めた。玉森は、幼い頃は活発で誰とでも仲良くなっていたと話したが、「ジャニーズ事務所入ってから人見知りに」なったそう。中学生頃から大人に囲まれて働いていたので、環境の変化で人見知りになったのではと推測されたが、ここでも青木アナから「人見知りでちょっと困ったような表情を見せるところも玉ちゃんの魅力なんです」とアピールが入り、玉森は「スゴイ。スゴイ分析してますね」と感心した。

 続いて玉森の休日の様子が紹介され、同じKis-My-Ft2メンバーの横尾渉と藤ヶ谷太輔との3ショットが公開された。出演者達は、写真の中のサーファー姿の3人の顔が"バカ殿"のように白塗りされていることに注目したが、青木アナだけは「藤ヶ谷さんと横尾さんじゃないですか!」とまたしてもモニターに前のめり。これには玉森も「がっつきますね!」とツッコミを入れた。3ショットについて、玉森は3人が共通してサーフィンが趣味であることを説明し、日焼けしすぎると事務所に叱られてしまうため「(日焼け止めを)塗りたくって、バカ殿様みたいに」なっているということだった。

 さらに、玉森はサバゲー(サバイバルゲーム)という趣味も持っており、岡田の背後から「背中がガラ空きですよ」とスタジオに持ち込んだ"マイガン"を構えて見せる場面も。本格的な装備も揃えていて、「メンバーだと千賀(健永)、宮田(俊哉)と行く」んだとか。青木が「宮田くんはサバイバルゲームのイメージがない」と言うと、玉森は「宮田はちょっと臆病なので、スナイパーライフルで後ろからずっと動かずに。攻めない」と、性格による遊び方の違いを語った。

 最後に『青春探偵ハルヤ』の宣伝タイムが設けられており、玉森がドラマの内容を説明。玉森演じる貧乏大学生・ハルヤが、仲間から紹介された探偵まがいのアルバイトを「度胸」と「頭脳」で遂行していく内容となっているそうだ。新川はハルヤにとって初めての依頼者で、ストーカー被害の犯人を突き止めていくうちにややこしい展開も待ち受けているという。ここでも青木アナが「ジャニーズJr.の高田翔君も出てますからね」と補足情報を挟み、玉森は「さすがですね、後輩も知ってるんですか?」と驚いて聞き返した。青木アナは「注目してます。演技力スゴイですからね。昼ドラとかも出てまして、素晴らしいです」とギリギリまで"ジャニーズ愛"を炸裂させた。


(文=テレビマニア