>  > KINKI KIDS&ももいろクローバーZ、『ブンブブーン』ロケでディズニーランド満喫! 光一は「こんな私でもテンション上がる」とゴキゲン
TVワイドショーななめ読み

KINKI KIDS&ももいろクローバーZ、『ブンブブーン』ロケでディズニーランド満喫! 光一は「こんな私でもテンション上がる」とゴキゲン

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1012_01.jpg

『KinKi Kidsのブンブブーン』公式サイト(リンク


 10月11日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)で、KinKi KidsとももいろクローバーZが東京ディズニーランドをめぐり、「人に言いたくなる裏ワザツアー」を敢行した。

 秋の定番イベント「ディズニー・ハロウィーン」(11月1日まで)を開催中のディズニーランド。オープニングはキンキの2人で"いつも通り"雨が降りしきる中でのスタートとなったが、元気いっぱいのももいろクローバーZが乱入。百田夏菜子は「みんな全員、ディズニーランドが大好きなんですけど、5人で来たことがないので。5人で来てみたいなっていうので」と、今回のツアーの目的を明かすも、堂本剛は「そんなん、マネージャーに相談してプライベートで来はったら......」と冷たく返答。高城れにが「キンキさんはお2人でディズニーとか来ますか?」と質問すると、剛は「来るワケないでしょ!」と即否定。堂本光一はなんと24年ぶりに来たといい、剛も番組で2回ほど訪れたのみで、プライベートでは来ていないという。光一が「不思議とディズニー来るとこんな私でもテンション上がるもんですね」と意気込むと、剛は「はいじゃあ今日、浮かれたおじさんがいっぱい映りますんで」と、茶化した。

 まず向かったのは、高城が「どうしても行きたい」という新アトラクション「スティッチ・エンカウンター」。「スティッチ! スティッチ!」と声を揃えてノリノリの一行を「ようこそ! ディズニーランドへ!」と、ハイテンションで出迎えたのは「ディズニー大好き芸人」ことツートンカラー・上田。年間300日以上ディズニーランドに通っているという上田が、アトラクションへ向かう前に「アトラクションだけじゃないディズニーの楽しみ方」を教えてくれるという。

 一行は上田の案内で「子どもがケガをしないように鉄柵がゴム製」であることを学び、「アドベンチャーランドの地面はジャングルをイメージした緑色」「ウエスタンランドの地面は西部をイメージした赤土色」といった、各エリアの地面の色の違いなど、細かな配慮に驚くキンキとももクロ。また、ディズニーの工夫はこれだけでなく、エリアによって流れている音楽も異なるという。ここで上田から「各エリアの音楽が交わらないようにするモノ」を当てるクイズが出題され、百田は「有安(杏果)が音について詳しい」と、有安を調査員に指名。当の有安は「バカでもわかりますか?」と不安そうな顔を浮かべていたが、満面の笑みで戻ってくると「わかった!」「水!」と回答。エリアの境目では「滝の音」で音楽をリセットしているため、見事に正解した。

 その後は、ディズニー映画『リロ&スティッチ」に登場するスティッチと会話ができるアトラクション「スティッチ・エンカウンター」へ。実際にアトラクションを体験すると、モニターに映るスティッチから「こっちに名前聞こえなかった人たち3人いる。一人は赤い服着てる」とスティッチに指名を受けた、光一・百田・高城の3名。それぞれが下の名前で挨拶すると、「光一、いい名前!」「夏菜子、もっといい名前」「れに、宇宙で一番いい名前!」という返事をもらい、念願のスティッチとの対話が叶った。

 大満足のメンバーらは、有安の「ミッキーマウスに会いたい」という希望を実行するため、抽選で当選すると見られるというショー「ワンマンズ・ドリームⅡ - ザ・マジック・リブズ・オン」を観劇。多くのディズニーの仲間たちが登場する中、剛はアリのラインダンスが気に入ったようで「アリめっちゃ可愛いわ~」と、感想を口に。とはいえ、お姫様と王子様のキスシーンでは、興奮するももクロメンバーをよそに「いや、寝てるの勝手にキスした。怒られるで」と、現実的なツッコミを飛ばす剛だった。

 次は玉井詩織のリクエスト「プーさんのハニーハント」へ向かうが、上田は「シンデレラ城の中も見てほしい」という。階段のまわりに複数の人が描かれている壁画を指し、「この壁画の中にあるメルヘンとは?」という問いには剛が「若干、(女性の)首長い!」と答えると、ミュージカル『Endless SHOCK』で"階段落ち"に挑戦している光一は「この階段から落ちてみたい!」と、マニアックなボケを披露。これはもちろんハズレで、正解は「(女性がつけている)イヤリングが宝石になっている」だった。さらにディズニー好きの間では「この宝石を触ると幸せになれる」と言われているそうで、剛は「ちょっとした知識知ってるとより楽しくなるよねってことね」と感心した。

 するとここで、突然「光一さんが王子様って言われてるじゃないですか」と切り出した上田。光一は「まぁ、当たり前のことだよね」と自信たっぷりに反応するが、上田は本当に光一が王子様かどうかを確かめたいという。検証のために写真を撮影すると、光一の頭には王冠があり、王子に"認定"。2人は「ホンマや!」(光一)、「そういう遊びができるのか」(剛)と、驚いていた。

 そして「プーさんのハニーハント」へ移動すると、カメラマンが同行するため4人しか乗り物に乗れないことが判明し、ももクロでじゃんけん対決。一発目でさっそく佐々木彩夏が負けてしまい、お留守番が決定。光一は「2台で乗れば全員行けるのにね」と、もっともな一言をつぶやいたが、残ったメンバーで「ミニーの家」へ。ハートの鏡を覗くと、自分の黒目にハートが映るという仕組みになっており、体験した剛は「充血してるな~」と、生々しい本音を吐露。一方、自分のハートの目を見た光一は思わず「気持ちわる~」と恥ずかしがったが、上田は「この国では可愛いんです!」と、たしなめた。

 こうして、それぞれが夢のような時間を満喫したキンキとももクロ。エンディング感想を求められると「すごい充実してたよね」と、メンバーの顔を見る高城。しかし、玉井は遊び足りないのか「え、これもう終わりな雰囲気ですか?」と言い出し、一斉に「嫌だ!」の声が。光一は「30分番組なんでね」などとなだめるも、納得のいかない佐々木は「帰りたくな~い」と不満顔。しかし、ここで光一が「とりあえず、ディズニーランドは以上なんだよ!」「じゃあ(ディズニー)シー行こう!」と宣言し、ももクロは「ヤッター!!」と、大盛り上がり。「ランドありがとう!」と、楽しい思い出をくれたディズニーランドに別れを告げる一行だった。

 次週、18日の放送では2組が東京ディズニーシーを堪能する。

(文=テレビマニア