>  > "ビビリ王子"KAT-TUN・中丸雄一、『モニタリング』四天王・JOYとの「キャラ被り」発覚
ワイドショーななめ読み

"ビビリ王子"KAT-TUN・中丸雄一、『モニタリング』四天王・JOYとの「キャラ被り」発覚

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1017_01.jpg

『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』公式サイト(リンク


 10月15日放送のバラエティ番組『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、KAT-TUN・中丸雄一がドッキリを仕掛けられた

 中丸と言えば、4月16日放送の同番組でも"もしも怪奇現象が起こったら"というドッキリを仕掛けられ、そのビビリっぷりを披露。前回の放送終了後には、番組宛てに視聴者から「また出て欲しい!」「中丸をモニタリングファミリーに!」といった声が続々と寄せられたということで、今回の新ドッキリが決行された。

 ドッキリの内容は、中丸を同局の人気情報バラエティ『王様のブランチ』のロケと偽って遊園地"富士急ハイランド"に呼び出し、撮影中にスタッフがミスや無茶ブリを連発するというもの。トップアイドルの中丸が、どんな状況でも男気を見せて撮影を続けるのか否かをモニタリングした。

 まずは打ち合わせ風景から。ロケの信憑性を増すため、『ブランチ』のリポーター・鈴木あきえも仕掛け人として参加した。やって来た中丸に、偽のディレクターが「1年目で初めての新企画」と頼りない自己紹介をし、ADから差し出された台本には「中丸のアホリアクション」といった失礼なメモも。中丸は失笑しながらもロケでの自分の役割を認識した様子で、そのまま撮影場所へ移動。本番前のカウントが「60秒前」から始まると、明らかに動揺を隠せない中丸だったが、これにも最後まで付き合った。偽ロケ本番が始まると、今度はスタッフが出したカンペで"丸中"と名前を間違えられていたが、中丸は「大丈夫すよ」「よく間違えられるんです」「だいだい僕、中村って言われるんですよ」などと、優しい気遣いを見せた。

 オープニングが終わると、一行はアトラクション"マッドマウス"へ。今回の偽ロケの内容は、中丸がアトラクションに乗っている間だけKAT-TUNのDVDの告知ができることになっており、さらにアトラクションを降りたらカメラに向かって「カッコいい一言」を言ってもらうという企画になっていた。しかし、この日は生憎の悪天候で、園内のアトラクションのほとんどが運行中止に。マッドマウスも動かせないということだったが、ここで偽ディレクターから「座るだけ座っていただいて、乗り物に乗ってる設定で叫んでいただきたい」「あとでCGで何とかするので」と無茶苦茶な指示が入り、中丸は乗っている演技をすることになった。アトラクションに乗り込んだ中丸は、「どんなものかがわからないってのが一番怖いわ」と口にしながらシートベルトを装着。この光景が、ドッキリを仕掛けられている時のハーフタレント・JOYの様子と似ていることから、中丸にもJOYと「同じ匂い」が疑われた。

"動かないジェットコースターを動いているように見せる"絶叫リポートがスタートすると、中丸は「行ってきます!」「結構上がってんじゃん」「落ちる! 落ちてる!」など渾身の実況演技を披露。カットが掛かり、アトラクションの走行が終了したていでカッコいい一言を振られた中丸は、「マッドマウスに乗って、君とチューチューチュー」とキメ顔。このように同じ言葉を3回繰り返すという特徴もJOYと一致しており、アイドルの中丸がJOYに匹敵するポテンシャルを秘めていることが判明した。

 そんな中丸は、落下系の絶叫マシーンを大の苦手としているが、偽ディレクターは天候が回復してきたのをいいことに、世界最高クラスの絶叫スペックを持つアトラクション"FUJIYAMA"に乗るよう中丸へ無茶ブリ。中丸は、カメラの前では「KAT-TUNの他のメンバーも期待していると思うので、頑張りたいと思います。みんな、乗るぞ」と意気込んで見せるも、移動中には「これも合成で行けるなら......」と、しれっと合成を要求。恐怖と男気の間で揺れる"ビビリ王子"だったが、結局、KAT-TUNメンバーのためにFUJIYAMAに乗ることを承諾した。

 しかし、「怖ぇなぁ......」と怯える中丸がマシンに乗り込んでいたにも関わらず、スタッフのミスで出発の瞬間を見逃されてしまった。それでも中丸は、落下しながら「(DVDが)10月の14日に発売しますぅ~!」と懸命に告知。途中からは「帰りたい」「家に帰りたい」と悲痛な叫び声を上げていたが、無事にアトラクションの走行が終わると、中丸はカメラに向かって「FUJIYAMA 最高だぜっ!」とカッコいい一言を絞り出した。ところが今度は、まさかの撮影失敗というスタッフのミスが発覚。中丸は「マジか!」とうろたえたが、告知のために2回目のFUJIYAMAもしっかりとやりきった。

 そして、やっとエンディングを迎えたというところで、富士急ハイランドの偽の社長が登場。絶叫アトラクション"高飛車"に乗らないと意味がないと言う偽社長に負け、偽ディレクターは中丸に向かって「じゃ、高飛車乗っちゃいましょうか?」と最後の無茶ブリ。中丸は戸惑いながらも指示に従って高飛車に乗り込んだが、これは最大落下角度121度がウリのアトラクション。案の定、落下に向けて上昇中の中丸は「その角度はおかしいよ」と嘆き、その後は「ムリです!」「バーカ!」「回転しすぎだって! アリなの?」と混乱を極めていた。

 高飛車を終えたところでネタばらしとなり、本当は『モニタリング』だったことを伝えると、状況を把握した中丸は「最悪だよ!」と絶叫。しかし、結果的には「仲間のためどんな苦手なものにもNGを出さない」という中丸の男気をモニタリングすることができた。

 スタジオでVTRを見ていた俳優・小泉孝太郎は、「男気ですよね」「KAT-TUNの仲間のことも考えて、背負ってるなっていうのが素晴らしい」と称賛のコメント。その一方で、出演者達は中丸とJOYに似ているところが多いと頷き合い、ハリセンボン・近藤春菜は「モニタリングと分かってからの『最悪だよ!』も一緒じゃないですか」と、言葉のチョイスまで一致していることを指摘した。

 中丸が一生懸命に告知していたKAT-TUNのコンサートDVD『KAT-TUN LIVE 2015 quarter in TOKYO DOME』は、10月14日から発売中。


(文=テレビマニア