>  > 浅田舞、バナナマン・日村の「Hしたい」「オカズにするんで裸の写真」要求に困惑も「キスなら......」
ワイドショーななめ読み

浅田舞、バナナマン・日村の「Hしたい」「オカズにするんで裸の写真」要求に困惑も「キスなら......」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1021_03.jpg

『教えて!ココロくん』公式サイト(リンク


 10月19日深夜、バナナマンの新番組『教えて!ココロくん』(TBS系)がスタートした。同番組は「明日から使いたくなる心理テク」を紹介する実践型・心理バラエティという。ゲストの浅田舞は、紹介された心理テクを使ってみたバナナマン・日村勇紀に「キスなら(してもいい)......」と衝撃発言する一幕があった。

 「ムリなお願い事を叶える心理テク」のトピックでのこと。「ムリなお願いをしたい時は、最初にもっとムリなお願いから入れ」という心理テクを検証するため街頭インタビューを実施した。初めからストレートに「5分、お時間をください」という場合と「1時間、お時間をください」と言ってから時間を徐々に短くして交渉する場合とで、立ち止まる人数を比較した結果、圧倒的に後者の1時間から短くする方法の方が人数は多く、心理テクの効果は実証された。

 また、KABA.ちゃんもVTRでこの心理テクを実践してみせた。KABA.ちゃんは以前番組で共演して以来、気になっていたお笑いタレント・とにかく明るい安村と「キスしたい」という。そこで、ニセ企画を用意して安村を呼び出した。楽屋に遊びに来た風のKABA.ちゃんは安村へ「裸の写真を撮らせて」と、まず無理なお願いをしてから、断られると「私とキスして」とせがんだ。安村は戸惑いつつも、「4秒だけ」「3秒」と時間を短くしてハードルを下げるKABA.ちゃんと結局キスして、実験は成功した。

 スタジオでは、日村が「使えますよね、この作戦。だって浅田さんとHしたいですもん」と隣にいる浅田に無理を言い、「ごめんなさい」と返されると「じゃあ裸の写真を......オカズにするんで」と言って要求レベルを下げたが断られた。日村は懲りずに「じゃあ、キスはいいですよね?」と畳み掛けると、浅田は「キーースですか......キスなら......」と言いだし、 MCのバナナマン・設楽統から「ダメでしょ」とすかさずツッコまれたが、浅田は「かなりハードルが下がったので、ちょっといいかなって」とコメントしたので、設楽は「いやいやいや......」と困惑した。

 1回目に相手に断らせて「申し訳ない気持ち」にさせて、2回目に本当のお願いを通す心理テクは、効果があったようだ。


(文=テレビマニア