>  >  > ラブホ専用「ドアスコープ逆装着盗撮」は日本で流行するか?
ラブホ従業員はミタ 第二十五夜

ラブホ専用「ドアスコープ逆装着盗撮」は日本で流行するか?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覗かれてるのは内側だった?

 ごきげんよう、大塚です。

 先日、常連のデリヘルさんから「お宅はドアスコープ大丈夫だよね?」と聞かれました。
「へ? ドアスコープ?」
「あら、ネットに出てたわよう」
「すすすみません! すぐ調べます!」

てな流れで、待機時間に慌ててググってみると、ありました。

【工事ミスか、ラブホの組織的犯行か......「ドアスコープ逆装着盗撮」が中国で流行中?】(日刊サイゾー)

 日刊サイゾー(10月1日付け)によりますと、中国のラブホの複数の客室でドアスコープが逆に装着(つまり外から丸見え)されていた件で、お客さんとホテルがもめたそうです。今のところ「犯人」はわかっていないそうですが、むしろ中国にラブホがあったのか......とそっちのほうが気になりました。

 前回、(日本の)ラブホで盗撮はムリ、と書いたばかりでしたので、興味深かったですね。
 スズキ主任は、「バブルの頃までは、『のぞき部屋』とかヘンな風俗もあったしねえ。みんな他人の恥部をのぞきたいんだなあ」と感慨深げ。「でも、逆に見られたいってのもあるよね。アオカンとか、見てほしいからやるんだろうし」
 なるほど。大塚は気が散ってダメですが、「見られるかも」というドキドキ感がいいのかもしれませんね。

 そこでベテランのマキノさんが「あら、ウチだって、見えやしないけど声が聞こえまくりの時はめずらしくないじゃないの」と一言。「おおーそのとおりー」とスタッフ一同で納得です。
 ラブホの客室のドアって、2つあるのご存じですよね? 入室されて靴を脱いだところに、もう一つドアがあります。これは防音のためですので、必ずお閉めください。もちろん浴室の窓も開いていると思いっきり聞こえますから、ご注意を。
「こないだのお客さんなんか、ウチの死んだ犬の声にそっくりだったわ。おなかすいた時に甘えて啼いてるのを思い出しちゃった」
 ラブホスタッフのちょっとコワイ「あるある」ですね。特に、ワケありっぽい年齢差カップルが来店された場合の「声」がすごい場合、若い男子スタッフは嬉しそうです。「一体、どんなテクニックを??」みたいな感じですね(苦笑) 
 今回は、防音にはお気をつけくださいというお話でした。

 今回もお読みいただき、ありがとうございました。
 なお本連載はプライバシーに配慮いたしまして、登場人物の名前やプロフィルは変更しております。ご了承くださいませ。


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

1023aoyama_nozoki1.jpg

あなたは何を見たいですか?(写真はイメージです)




大塚都内のラブホ「ホテルニューみのわ」(仮)勤務。就職難のため、思い余って清掃員に。水が合っていたようで結構エンジョイしている日々。週刊実話ザ・タブーにて「マル秘連載!! ラブホ清掃員が明かす『男と女の密室エロマンティク』連載中。ツイッターは@ohtuka_luvho