>  > 嵐・二宮和也、櫻井翔からのお土産"ゲームボーイTシャツ"にクレーム!? 「乳首が分かる。どんだけ薄いの」
TVワイドショーななめ読み

嵐・二宮和也、櫻井翔からのお土産"ゲームボーイTシャツ"にクレーム!? 「乳首が分かる。どんだけ薄いの」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
vsarashi_tum.jpg

『VS嵐』公式サイト(リンク


 9月3日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が、女優・篠原涼子の率いる映画『アンフェア the end』(9月5日公開)チームとゲーム対決した。また、オープニングでは嵐の新曲「愛を叫べ」(9月2日発売)も披露され、番組を盛り上げた。

 この日、『アンフェア』チームに対抗すべく、嵐チームの助っ人に加わったゲストはお笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓と、ものまね芸人の福田彩乃。最初の対決"バウンドホッケー"では、大野のポジションに合同で参戦した鈴木。2人は釣りという共通の趣味を持ち、会うと釣りの話ばかりしているんだとか。しかし、鈴木は「ずっと釣り行こうって話してるんですけど、まだ一度も行ったことありません」と言い、大野も「(電話)番号も知りません」と苦笑い。櫻井が、釣り仲間でそういった話になった場合、本当に一緒に行くことはあるのかと尋ねると、鈴木は「それで本当に釣り行ってないのは大野さんだけですね」「僕もあんまり直で『携帯教えてもらって良いですか』って聞けないですよ」と訴えたが、『アンフェア』チームの俳優・寺島進の「もう(ゲーム)やろう」という一声で強制終了となった。

 対決では、息ぴったりで得点を重ねた『アンフェア』チームに対し、てんやわんやの嵐チームはミスを連発。久々に挑戦したゲームとあって、「なんか久しぶりにやったらスゲー下手クソだったね」と言う松本に、相葉や二宮も「バタバタしたね」「全然バタバタしたな」と反省した。

 次の"ローリングコインタワー"では、最初の対決でリードを奪った『アンフェア』チームの篠原が「行けるよね、皆ね」と仲間を鼓舞。すると、ナレーターから「嵐チームの篠原さんはどうでしょう?」と振られた福田も、篠原の前で「そうだね。行けるよね、皆」と本人のモノマネを披露してスタジオを沸かせたが、対決の結果は鈴木のミスで嵐チームの負け。しかし、鈴木は「僕がやってる時にね、後ろでずっと2人が僕のお尻の穴にこうやってたんです!」と、二宮と相葉がイタズラでカンチョーしていたと訴えた。相葉は「最後の回はやってないでしょ。その前にやっただけ」と反論したが、鈴木は「随分時間経ってビーンってきちゃった」と嘆いた。

 続く"コロコロバイキング"では、嵐チームの二宮や相葉、大野は喋らずに相手の目を見るだけで息を合わせるというチームワークを発揮するも、得点は『アンフェア』チームに追いつけないまま、次の"バンクボウリング"対決へ。ペアになった櫻井と二宮に、ナレーターから「最近アンフェアだなと思ったことは?」という質問が飛んだ。

 すると二宮は、「こないだ(櫻井から)お土産貰ったんですよ」と切り出した。櫻井は、二宮以外のメンバーにはトリュフの塩やトリュフのマヨネーズといったオシャレなお土産を渡したと説明。しかし、二宮は「俺貰ったの、なんかカタカナが書いてあるTシャツなんですよ」「ゲームボーイって書いてある」と不満炸裂。櫻井は「だって(二宮は)ゲームボーイなんだもん」と主張し、二宮も「確かに私、ゲームボーイではあるよ」と自身がゲーマーであることは認めたが、「Tシャツも黒なんだけど、もうこことここが乳首だよねって言うくらい薄いの」「黒Tなのに乳首がわかるみたいな。どんだけ薄いのこれみたいなヤツで」と文句を言い続けた。

 さらに、二宮は「でも(櫻井が)値段は一緒だって言い張るんですよ」と納得できない様子。ここで櫻井が、二宮の不満に対して「1番最初に決めたのこの人のTシャツなんですよ!」「お店に入った時に、『あ、これニノのTシャツ』だと。だってゲームボーイなんだから」と言い訳を開始。先決した二宮のTシャツの値段を基準に他メンバーのお土産を探したと熱弁したところ、二宮は「それだったら私は良いんですけど」と納得し、櫻井は「いやぁ、微笑ましいエピソードでしたね」と丸く収めた。しかし肝心の対決は、またしても『アンフェア』チームに得点を引き離されるという結果だった。

 最後の対決"キッキングスナイパー"でも『アンフェア』チームが逃げ切り、嵐チームにサヨナラ勝ちを決めた篠原は「楽しかった」と笑顔で感想を述べた。


(提供=テレビマニア