>  > 多忙なSMAP、振り付け時間短縮に「どんな集団だと思ってるのか」「もっと準備がしたいんだ!」と嘆く
TVワイドショーななめ読み

多忙なSMAP、振り付け時間短縮に「どんな集団だと思ってるのか」「もっと準備がしたいんだ!」と嘆く

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smap03.jpg

SMAP 55th single『愛が止まるまでは』出典:dailymotion(リンク

 9月5日放送の『王様のブランチ』(TBS系)に、SMAPの中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がVTR出演し、9月9日に発売する55枚目のシングル「Otherside/愛が止まるまでは」をPRした。

 最初にリポーターから55枚目のシングル発売を祝福された木村は、「なんだかんだ長いですからね。でも自分達が55枚目っていうのも、気付いてみればという感じだったので」と素直な心境を述べた。

 また今回は両A面シングルということで、まずは「Otherside」はどのような曲なのかと問われると、草なぎが世界で活躍するギタリスト・MIYAVIの作曲だと説明。草なぎの隣では、木村がMIYAVIを真似たロックなポーズを決めた。SMAPが2014年7月に発売した「Top Of The World」もMIYAVIが楽曲提供しており、今回が2度目となる。草なぎは「またSMAPで一番ハードロックな曲になってます」と、MIYAVIとのコラボレーションに笑顔を見せた。

 続いてもう1曲の「愛が止まるまでは」について質問が及ぶと、今度は香取が、4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が作詞作曲したと説明。川谷もこれまでに、SMAPの2014年9月発売のアルバム「Mr.S」で「アマノジャク」と「好きよ」の2曲を提供したことがあるが、シングルの書き下ろしは今回が初めて。香取は「そういう才能溢れる方々に支えてもらって、55枚目達成ですかね」と、周囲への感謝をにじませた。

 55枚目のシングル発売日でデビュー25年目に突入するSMAPに、リポーターが「メモリアルな25周年のスタートになりますね」と言葉を掛けると、草なぎは「次は56枚なので、吾郎(56)になる」と笑顔。名前を呼ばれた稲垣は、「そうなんですよ。ただ、あの......よく考えたら、45枚目の時に慎吾(45)くんは別に何もやらなかったんで」と過去の例を挙げたながらも、「僕の時はきっと何かあるんじゃないか?って。でも自分から言うことではないので」「きっと皆が何かやってくれるんだと思います」と56枚目の曲に期待を寄せた。

 その後、リポーターが新曲の歌詞に引っ掛けた質問でSMAPのプライベートに迫るという企画に移ろうとすると、中居が「プライベートはちょっとNGなんです」と口を開いた。リポーターの懇願にも「ちょっと会社の人と相談しながらですかね」とつれない返事で、小指を立てたポーズとオッケーのようなポーズで「こっち(女)とこっち(お金)はやめてください」と質問内容を制限した。

 最初の質問は「Otherside」の"OthersideへHigh Speedでまだ行こうぜ"の歌詞から、「個人的にもう一度行ってみたい場所は?」というもので、草なぎが「昔、グループでハワイに行った思い出があるんですけど、今また皆でハワイとか行くと面白いんじゃないかな」と答えると、香取も「ジャンプしたいね、砂浜で」と同意。話題はそのまま、25年前にSMAP全員でハワイに行った思い出話しになり、木村が「稲垣が海で流されて、地元のサーファーに助けられる」というエピソードを明かした。稲垣は「その時もし何かあったらここに居ないですから」と振り返り、草なぎは「Otherside行っちゃうよね」と曲名になぞらえた追い打ちを掛けた。

 さらに木村によると、ハワイで行った雑誌『Myojo』(集英社)の撮影でジャンプをする時、稲垣が突然痛がり出したという。実は、稲垣はこの時クラゲに刺されていたのだが、メンバー達に気付いてもらえず「黙ってジャンプしろよ!」などと言われていたんだとか。このように稲垣にとって災難続きのハワイだったが、本人は「だからこそまた行きたい」と話した。

 次は「愛が止まるまでは」の一節"でも言い足りないんだ まだまだ言い足りないんだ"に引っ掛けて、「個人的にまだまだ言い足りてないことは?」という質問へ。ここで香取が「今日もそうですけどね」と言ってメンバー達の顔を見渡しながら、「どんな集団だと僕らのこと思ってるのか? 振り付けとかの時間がどんどん短くなるんです」と不満を口にした。香取の言葉に、メンバー達も笑ったり頷いたりしながら同意見の様子。香取は「とんでもないプロ集団というか、すごい才能の持ち主だと思われてるのかな?」と言い、20年前は振り付けに2時間くらいの準備時間があったが、それがだんだん短くなり、スタッフに「覚えられよ」と訴えても「そうですよね~」と言われて今では20分ほどしか準備時間がないと明かした。この不満に対し、リポーターが「でもそれもこなしてしまうんですもんね」と感心すると、木村は「いやいやいや、だから、もっと準備がしたいんだ!」と強く訴えた。

 しかし、香取が「でもそれをこなしてしまって、帰りの車の中で『今日もやっちゃったよ』と思いますけどね」と言うと、木村は「思ってんじゃねぇよ」と注意し、草なぎも「出来てないしね」とツッコミを入れた。


(提供=テレビマニア