>  > 猪瀬直樹前知事、東京五輪エンブレム盗作問題で「森喜朗批判」炸裂
TVワイドショーななめ読み

猪瀬直樹前知事、東京五輪エンブレム盗作問題で「森喜朗批判」炸裂

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
downtownnow_tum.jpg

『ダウンタウンなう』公式サイト(リンク


 9月11日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、作家で前東京都知事の猪瀬直樹氏が出演。世間を賑わせている2020年東京五輪のエンブレム騒動など、様々な問題に言及した。

 この日のゲストには猪瀬氏の他、元日本テレビアナウンサーでグラビアを発売した脊山麻理子や、過激発言でネット炎上の常連となっている作家・百田尚樹、日本ロック界のレジェンド・内田裕也など、話題の人物が多数登場。内田に関しては、コメンテーターとして出演したタレントの平愛梨が「もうちょっとしわくちゃなおじいちゃんかな(と思っていた)」と天然発言をかまし、「なんだその言い方は。失礼だろ」と怒りを露わにしたことがニュースで取り上げられている。

 そんな顔ぶれの中に登場した猪瀬氏は、都知事時代に東京五輪招致活動に奔走し、見事2020年の招致に成功した功績を持つ。しかし、2013年に徳洲会グループからの現金5000万円借用問題を取り沙汰されて都知事を辞職した。ところが猪瀬氏の辞職後、新国立競技場の建設計画が見直しとなり、公式エンブレムは盗作疑惑騒動で撤回されるといった数々の問題が浮上。番組ではダウンタウンの松本人志と浜田雅功を中心に、この状況について五輪招致の立役者・猪瀬氏が何を思うのかを直撃した。

 まずは松本が単刀直入に「どう思ってらっしゃるんですか?」と質問。すると猪瀬氏は「新国立競技場問題もエンブレムの問題も、ちょっと緩んでますよね」と言い、日本の悪いところを世界にアピールしてしまったことを「残念です」と嘆いた。また、公式エンブレム騒動については、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長・森喜朗氏が記者会見に出ず、事務総長が説明していたことを指摘して「責任者が出てきて説明することが大事」と批判。さらに、エンブレムの最初の原案と修正案が違っていたことや、それを審査委員長が知らなかったことにも触れ、「ということは、組織委員会の内部でこれに関わってたわけですから、内部で関わっていた人達が説明しなければダメですよね」と述べた。

 ここでコメンテーターの俳優・坂上忍が「新国立問題」の話題を振った。猪瀬氏は自身の在任中、デザインレベルの話で終わっていて、招致決定後に突然"3000億円"という数字が新聞に載ったと説明。東京都の周辺整備については負担するということになっていたが、専門委員会を立ち上げて本体の値段をチェックしようという段階で辞任したと流れを話した。このタイミングで松本が「猪瀬さんとすれば、もう一度俺にやらせろっていう感じなんですかね?」と現在の心境に踏み込んだが、猪瀬氏は「僕は招致することはしたんで、あとはやっぱり組織委員会がきちんとやらなければならない問題」と強調。続けて、責任の所在をハッキリすべきだったと組織委員会や政府の対応を批判した。

 すると、坂上が「今の猪瀬さんの話聞いてると正論」「だから、続けてていただけたらこんなことにならなかったんじゃないかな」と言い、「だからこそ、何で5,000万借りちゃったの?」と、猪瀬氏が辞任した現金借用問題に斬り込んだ。猪瀬氏は、収支報告書の記載漏れが問題となって責任を取ったと話し、都議会総務委員会に資料として提出した鞄に発泡スチロールを詰めた場面については「罠だった」と話した。

 また、盗作疑惑で取り下げとなった公式エンブレムに関しては、1964年東京オリンピックのエンブレムにあるような「爆発力」がないと指摘。今回は周りに口を出されたことや、応募条件の「受賞歴」などがデザインを"丸く"したと言い、もっとパワーが欲しかったと語った。そして、エンブレムも新国立競技場もやはり「責任者」が大事で、森会長の責任を問題視した。

 中盤、平が猪瀬の「肌が綺麗」と褒めて雰囲気が和む場面も。猪瀬は「そもそもオリンピックは皆でスポーツをやろうって言ってるんだから」という考えを示し、ほぼ毎日ランニングをしていることが健康に繋がっていると説明。浜田が舛添要一現東京都知事について「どう思ってるんですか?」と問うと、猪瀬は「言うべきではない」と発言を控えたが、森会長に対しては言葉を選びながらも繰り返し批判した。

 さらに、今、猪瀬氏が都知事をしていたらどうするかという問い掛けには、自分は辞めたので無理だが、邪魔をするような人がトップに立っていたらダメだと話した。


(提供=テレビマニア