>  > 酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aがオフィシャルサイトを開設していた!
週刊誌ななめ読み

酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aがオフィシャルサイトを開設していた!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 明日9月10日発売の『週刊文春』9月17日号に、神戸児童連続殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aが手記をよせていることがわかった。元少年Aの手記はA4用紙20枚、2万3000字にもおよぶもので、『絶歌』(太田出版)発売にいたるまでの裏側が書かれているという。

sakakibara_0909_01.jpg

『週刊文春』9月17日号

 手記の大部分を占めるのは幻冬舎社長、見城徹氏とのやりとりで、『週刊文春』6月25日号で『絶歌』の出版経緯について語っている見城氏のコメントがいかに欺瞞と自己弁護に満ちているかということが、微にいり細にいりこれでもかというくらいに書かれている。なにしろ、

<一時でも彼(=見城氏)を信じた自分を呪います>

というのだから、その恨みは骨髄まで徹しているといっても過言ではない。

 そして、衝撃的なのは手記の末尾の、

<最後に、重要なお知らせです。 いろいろ思うところがあり、急遽ホームページを開設しました>

という一節だ。誌面にはアドレスこそ書かれていないが、ある有名映画をもじったとおぼしきサイトの名前や、サイトに掲載されている自作の絵や自撮りのヌード写真(!)が掲載されているので、これらを手がかりに検索をかければ、すぐに発見できることだろう。

 元少年Aのこの行動は、被害者遺族や関係者に強い衝撃を与えることは必至で、今後さらに大きな波紋を呼ぶと思われる。


(文=R-ZONE編集部)