>  > おのののか、ビール売り子界の裏事情を告白......「就職率が良い」「おじさんウケがよさそうな子はバックネット」
TVワイドショーななめ読み

おのののか、ビール売り子界の裏事情を告白......「就職率が良い」「おじさんウケがよさそうな子はバックネット」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
onononoka.png

おのののかオフィシャルブログ(リンク

 "美人すぎるビールの売り子"として話題になったタレント・おのののかが、バラエティー『諸事情により...』(日本テレビ系、9月6日放送)で、芸能界のキャスティング事情やビール売り子界の知られざる裏話を明かした。

 おのは、"芸能界キャスティングの裏事情"の中で、不可解なキャスティングについて質問されると「女の子同士ってキャラがかぶったりするから、この子がダメな時に私になったのかなぁとか、私がダメだからこっちとか」と、普段感じていることを率直に話した。また、南海キャンディーズ・山里亮太から「自分は誰の代わりとか、わかったりするの?」と聞かれると、「私は誰かの代わりが多くて、事務所の先輩だと中村アンさんはバラエティきてるので、スケジュールが合わない時は私かな(と思っている)」と打ち明けた。

 また、"ビール売り子界の知られざる裏事情"の話題では、最高でビールを400杯売ったことがある伝説の売り子であったおのが自信をもって「売り子は就職率がめちゃくちゃいい」と語り始めた。理由は「頑張る、愛嬌がある、可愛い、体力がある......(そういう条件の)子が残るから」だそうだが、MCの山里とおぎやはぎ・小木博明は「自分で(売り子の説明を)言ってて、どんな気持ちだったのかな?」(山里)、「よく言えるよね。何言ってるんだコイツ!と思って」(小木)、とニヤニヤしながらツッコミをいれた。

 そんなMC二人の茶々にもめげずに、続けておのは売り子のノルマについて説明。ビール売りにはノルマが貼り出されるだけでなく、「あるメーカーは前日の順位が(腕の)プレートに書かれている」と語った。それには出演者らも驚いた様子で、ビール売り子界も"可愛いだけ"ではやっていけない厳しい世界であることが明らかとなった。

 また、小木の「売る場所は選べるの?」という質問には、「この子はおしゃべりだから新規のお客さんも取れるからと外野の席へ行かせたり、おじさんウケがよさそうな子はバックネット」とあっけらかんと答えるおのに、「たしかにね、金使ってくれそうだもんね。バックネット裏は」と返す小木をはじめ出演者一同も納得した様子であった。

 その他、番組では人気バンド解散や一日警察署長キャスティング、プロレスラー政界進出、全国に存在する似たゆるキャラの真相など......様々な裏事情に迫る盛りだくさんな内容となった。


(提供=テレビマニア