>  > 迫られた究極の選択!親か?経営か?工藤明男が問う!
工藤明男コラム

迫られた究極の選択!親か?経営か?工藤明男が問う!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


文理学園長「1500万円」不適切支出ーー全額弁済、辞任しても罪に問われる可能性


b2dffb26.jpg

弁護士ドットコム 9月5日(土)16時0分配信」

 立派な横領ですね。金を返せば済む話じゃないでしょ。

 そもそも、バレなければ帳尻合っちゃうくらい金が余ってるってことなんですかね?

 高い授業料の為に頑張って働いて、子供を学校に通わせてる親御さんも堪ったもんじゃないですね。


 「子どもたちが実際にアメリカに来て、アメリカの子どもたちと日本の子どもたち、育った環境は違うが、こうやって一緒に楽しんでいる姿が、とても美しいなと思っている」


 何でも埼玉でも有名な進学校で、特に英語に力を入れてるらしいのですが、金を使い込んだこの佐藤仁美元学園長って、英語力がイマイチらしく、海外に行くと通訳をつけるんだとか。

 言ってる事も意味不明ですし、全く説得力がない。

  同族経営とは言え、税制優遇や助成金があるれっきとした学校法人なので、父親の理事長が娘である元学園長を刑事告訴する度胸がなければ、経営者・教育者の立場として示しが付かないんじゃないかな?

 親子関係じゃなかったら速攻で告訴してるところでしょうけど、子供を守る為に学校を手放すのか?学校を守る為に子供を千尋の谷に突き落とすのか?ってところでしょう。

 本人は出て来ないし、いい歳した子供が問題を起こすとケツを拭く親も大変ですね。

 まぁ、自業自得な部分も大いにあるけど。

 (文=工藤明男)