>  > ダウンタウン・松本人志「初めてだらけ」と驚愕......『クレイジージャーニー』で「世界一のハッテン場」「ゲイの楽園」に潜入
TVワイドショーななめ読み

ダウンタウン・松本人志「初めてだらけ」と驚愕......『クレイジージャーニー』で「世界一のハッテン場」「ゲイの楽園」に潜入

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
crazyjourney_tum.jpg

『クレイジージャーニー』公式サイト(リンク


 9月3日放送の『クレイジージャーニー』(TBS系)で、"世界一のハッテン場"として有名な男性同士の出会いの場が紹介され、番組MCのダウンタウン・松本人志も普段は目にすることのない光景に驚きの連続だった。

 番組はこの日、国内外100ヵ所以上のハッテン場を巡ってきたという同性愛者の男性ライター・サムソン高橋氏を迎え、知られざるハッテン場のマナーや設備などを紹介した。サムソン氏はハッテン場について、男女の恋愛が日常生活で自然に発展するのと違って、出会うのが難しいゲイ同士のための集いの場と説明。今回番組は、そんなサムソン氏の取材旅に同行した。

 サムソン氏が向かったのは、タイ・バンコクにあるサウナ施設"バビロン"。ここは「ゲイの楽園」と呼ばれ、世界一のハッテン場として知られているという。しかし、バビロンの取材のアポは翌日に取っていたため、まずはサムソン氏が必ず立ち寄るという繁華街へ。様々な屋台が並ぶ中、サムソン氏が特殊な男性用下着の店に立ち寄ると、VTRを見ていた松本は「普通に売ってあるんですね」と驚きの声を漏らした。

 しばらく買い物を楽しんだサムソン氏はその後、夜中になるほど盛り上がるという野外ハッテン場の公園へ移動。相手を見つけるため、カメラに離れているように指示をしたサムソン氏は一人でハッテン場に向かった。遠目から撮影を続けて15分ほど経過した頃、ハッテン場内に現れた人影にサムソン氏が近づいて行った。サムソン氏が声を掛け、男性が24歳のゲイだと確認できたところで「私はどうですか?」と果敢にアタックするも、男性からは「嬉しいんだけど、今は20代の恋人を探してるんだ。ごめんなさい」と断られ、あっさり撃沈するという生々しい模様がオンエアーされた。

 翌日、気を取り直したサムソン氏はいよいよバビロンへ。今回は客の顔を映さないことを条件に撮影許可が下りていると説明が入り、サムソン氏曰く中にいるのは「100%ゲイ」とのこと。到着した施設の雰囲気に、松本は「普通の博物館みたい」というイメージを口にした。

 日本円で約1000円の入場料を支払い、脱衣所へ向かうサムソン氏。ロッカー内にはタオルのほか、備え付けのコンドームとゼリー(ローション)も用意されており、サムソン氏は体に巻いたタオルと肌の間に挟んで持ち歩くと説明した。また、ロッカーの鍵の身に付け方にもルールがあると言い、右足に鍵を付けている人は「タチ(=男役)」で左足に付けている人は「ウケ(=女役)」の目印になるという。また、好みの相手を見つけた際にお互いがどのように確認し合うのかについて、サムソン氏は「横に近づいて行ってボディータッチ」と言い、「僕は乳首から行きます」と大胆な攻めの姿勢を明かした。

 サムソン氏が施設のウリとも言える広く綺麗な屋外プールを紹介すると、松本は「本当、楽園なんですね」と感心した様子。しかし、施設側からプールの客達がカメラを気にして楽しめないと声が掛かったため、撮影を中断してプールが見える屋内レストランに移動した。サムソン氏はプールサイドにいたクマのような見た目のおじさんが好みだと話したり、別のおじさんが平泳ぎで開脚するのを見ながらワインをすすったりし、「これ以上のパラダイスはあるでしょうか?」と力説した。

 さらに、サムソン氏が休憩所に移動すると、平泳ぎをしていた"開脚おじさん"と遭遇。取材交渉したところあっさりとOKしてくれたおじさんに、サムソン氏が「僕なんてどうですか?」と申し出ると、おじさんは「もちろんOKさ」と快諾。後ほど再会する約束を交わした。

 その後、サムソン氏とカメラはついに禁断のハッテンエリアに突入。中には2畳ほどのスペースの小部屋が20室近く並び、それぞれの壁にトイレットペーパーとゴミ袋が設置されていた。さらに奥へ進もうとしたところ、サムソン氏がカップルの姿を発見。撮影を止め、サムソン氏が一人で取材交渉へ向かうと、カップルの顔にモザイクを掛けることを条件に交渉成立。カップルはそれぞれシンガポールとニューヨークから来たという男性で、10分前にバビロンで出会ったばかりとのこと。少し話したところで、カップルの男性の方から取材を終了した。

 すべての設備を取材し終えた後、サムソン氏はプールサイドで見初めた"クマおじさん"を探すため、スタッフと別れて再び施設内へ。しかし2時間後、施設から出てきたサムソン氏によれば、戻って見つけたクマおじさんは既に若い子とくっついていたという。さらに、再会の約束をしていた開脚おじさんにも、「今はそんな気分じゃないんで」とやんわり断られてしまったため、持ち歩いていたコンドーム類は使わないまま記念に持ち帰ると語った。

 VTRを見終えた松本は、「初めてだらけ」と驚きのコメント。サムソン氏は、タイの他にも今は台湾が一番アツいと紹介したり、アムステルダムやベルリン、ロンドンは世界的なゲイの首都と説明したりした。番組の最後に、松本と同じMCのバナナマン・設楽統は「世界にはいろんなところ、いろんな物、まだまだ知らないことがいっぱいあるんだなと思いましたね」と締めくくった。


(提供=テレビマニア