>  > 金属バットでフルボッコ!狙われた下半身事件を工藤明男が解説?!
工藤明男コラム

金属バットでフルボッコ!狙われた下半身事件を工藤明男が解説?!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



「下半身を狙われた」 金槌でも暴行 熊ケ谷親方


 何だか誤解しそうなニュースタイトルですね。

 弟子じゃないみたいですけど、これも"かわいがり"になるのかな?

 だとしたら下半身をかわいがられてしまったということになりますが 笑

 まぁ、冗談はさて置き、日常的に暴行が繰り返されていたとのことですが、最初はデコピン程度から始まったらしいが、それがエスカレートして行き、ついには金槌や金属バットにまで至ったという。

 角界の悪しき伝統が受け継がれてる部分もあるんでしょうけど、傷が目立たないように下半身を狙うってのは、かなり性質が悪い。

 何となく、『顔はやばいよ。ボディにしなボディに。』って、三原じゅん子さんの伝説のパンチラインを思い出してしまいましたが、時津風部屋力士暴行死事件の時にあれだけ騒がれてたのに学習しないんですね。

 横綱・白鵬が所属している部屋の親方のようですが、最近、何かと問題が取り立たされている白鳳にとっては迷惑以外の何者でもない。

 せっかく相撲のイメージが回復してきた矢先に、こんな印象が悪くなる事件があっては、日々、真面目に稽古を頑張ってる現役力士が気の毒です。

 こんなのに比べたら朝青龍のサッカーなんて、全然問題じゃないな。

 こういう事件には品格は問われないんですかね?

 それ以前の問題か。

 (文=工藤明男)