>  >  > 俺の脳みそなんかもうとっくに溶けてんじゃねーかって思うね
俺の、最後の獄中絵日記 第215回

俺の脳みそなんかもうとっくに溶けてんじゃねーかって思うね

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらい月形刑務所で服役中だった後藤武二郎は、ある日、たまたま目にした職業訓練募集の張り紙に深く考えず応募したところ、まさかの当選。住み慣れた北海道を離れ、九州は佐賀少年刑務所へ移ることになってしまった。

enikki_tobira.jpg


もうこんな暑さは2度とゴメンだ

2013年(平成25年)8月11日

死ぬよ。

溶けちゃいそーに暑いよ。

クーラーの中に居れることがどれほど幸せなことか
今、骨身に染みて感じているよ。

だいたい体温を超える中で毎日毎日過ごすことがどれだけきついかわかんねーだろ?
山梨では41℃をマークして、この佐賀も負けじと暑い。
岐阜では蛾が大量に発生して、電柱や家の壁にはびっしり卵が産み付けられてその駆除に追われ、
沖縄ではバッタが大量発生して農作物を荒らし、
北海道・釧路ではクロマグロが大漁で市場をにぎわしている。

この温暖化が生き物の生態系をも狂わせ始めているんだから、
俺の脳みそなんかとっくに溶け始めているわけだよ。

勉強で本を読んでも読んでも覚えられず忘れていくほうが多いんだから、
勉強以外の記憶まで汗と一緒に流れ出ているようなもの。
最近どーも人の名前や漢字も出て来ないのはうなずける。
涼しくなった頃には俺は記憶喪失になってるかもな。
シャバで顔見ても、すぐに名前が出ないかもしれないけれど怒らないでくれよ。

そしてこのページを読んだら、俺にこう言ってくれ。
『もう2度とこの時の苦しさは嫌でしょ。
今、その苦しさ忘れちゃって生活してないか
もう一度よく自分を見直して』って。

gokuchu0811_1000.jpg