>  > まさかの山口組分裂! 今後の展開は?
山口組分裂の原点を探る! 日本のヤクザ社会に今、何が起きているのか!?

まさかの山口組分裂! 今後の展開は?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20日過ぎにいきなり表面化した"分裂劇"


「分裂? ないない」

 山口組から山健組と宅見組が離脱するらしい──との噂が出始めた8月20日頃は、関係者はそろってこうおっしゃっていました。というか、ヨシワラを含め記者仲間は「それはないわ」と、噂じたいをスルーしていたほどです。

yoshiwara-0829_01.jpg

神戸新聞NEXT 2015/8/27 13:17(リンク

「そもそも出たところで何のメリットもない。喜ぶのは警察幹部だけ。現場の警察官は商売のタネだから、ヤクザがいないとむしろ困るし。だいいち、名古屋(弘道会、六代目司忍組長の出身母体)が黙っちゃいないでしょう。抗争が起こることは間違いないが、今は懲役が長くなっているので、誰も抗争に加わりたくない。それに、絶縁されたら他団体との付き合いもできなくなるから、シノギ(合法非合法を含めたヤクザの経済活動)が厳しくなる。それでなくても以前から不況と暴排条例のせいでシノギは細くなっているのに」

 というのが、記者仲間の共通した意見です。

 

 なのに、週明けになって事態は急展開。23日頃からはヨシワラのところにも関係者さんたちから「ハラを決めた」「○○組長も出るらしい」「新団体の盃は○○事務所で」などコアな連絡が入るようになりました。とにかく情報量が多すぎで、いったいどれがホントなのかわからず、記者一同は寝不足です(お肌に悪いです)。

 一方で、早い段階から「(離脱は)あるかもしれん」と言っていたのは、かつて山健組に籍を置いていたAさんです。
「(2005年に)六代目体制になってから、ずっと名古屋に対する不満はあった。オレがやめた理由の一つでもある。純粋にメンツとカネの問題やね」

「離脱はあり得ない」としていた山口組幹部や警察関係者も多い中、急遽27日に神戸市灘区の山口組総本部で緊急の執行部会が開かれました。これに欠席した組が処分されることになったそうです。「処分」についてはまた書かせていただきますね。

 既に新組織の旗揚げをすると言われていた組事務所で「発砲音がした」などデマも飛び交っており、今後の動きも大注目です。
考えられるのは、若い衆たちの対立ですね。

yoshiwara-0829_02.jpg

すでにいくつもの怪文書が飛び交っている

「今回離脱した組は、それぞれが(山口組から見て)三次団体、四次団体を抱える大所帯。幹部たちはカネがあるからいいけど、末端の組員たちにとっては死活問題。熾烈な内部抗争は必至」(Aさん)だそうです。

「イヤならヤクザをやめればいい」とおっしゃる方は多いと思いますが、「性格粗暴・学歴もスキルもナシ・場合によっては指もナシ、という人間を誰が雇うのか」(Aさん)。今回の分裂で路頭に迷った若い衆がどのような行動を取るのかわかりませんが、そこがとっても心配です。

 こうなってくると、同じ離脱でも、某政党のトップの離脱とか、もうホントどうでもいい話ですね。このテーマ、続きます。(2015年8月28日公開)


(取材・文=吉原美姫)