>  > 工藤明男コラム「まだまだ根深い暴力団社会」
山口組分裂の原点を探る! 日本のヤクザ社会に今、何が起きているのか!?

工藤明男コラム「まだまだ根深い暴力団社会」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



<暴力団不当要求>依然、企業2割が「裏取引」

 またまだ根深い暴力団社会ですね。僕が会社の経営に携わってた頃は、暴力団からのみかじめ料を取られることを対策するって言うよりは、暴力団と関係している企業と誤解されないための対策を考えましたね。

関わっている経営者には下記の講習を受けさせました。


不当要求防止責任者選任及び講習


Abt_futo_02.jpg


 受講受けるとこういうステッカーもらえます。
 だいたい店の入り口や会社の受付に貼る人が多いようです。

 僕が役員に入っていたり株主で入っている企業でも当時は問題なく受講できました。受講者は飲食店の経営者が多かったみたいですね。

ちなみに海老蔵事件当時、情報収集に来た刑事の方がこのステッカーを見て対応した受付嬢に「こんなもの貼りやがってよ」と吐き捨てて帰って行きました。

 その会社は受付に不審者防止のために防犯カメラがついていたので後からその映像とICレコーダーを確認したら、まるで暴力団の組員が訪問してきたようでした。
 腹いせにYouTubeにアップしてやろうかと思いましたが、お上に喧嘩売っても仕方ないし、間も無くその企業とも僕は関われなくなりましたのでそういうことはやめて大人しくハワイに移住しました。

 警視庁に守ってもらうかアメリカに守ってもらうかっていう選択でしたね。

 受講は簡単に申し込めるのでお勧めします。(2014年11月27日公開)


(文=工藤明男)