>  > 結局、片岡愛之助と相性がいいのは、藤原紀香or熊切あさ美のどっちだったの?
R-ZONEニュース記事占い

結局、片岡愛之助と相性がいいのは、藤原紀香or熊切あさ美のどっちだったの?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 では、もう一方のお相手はどうでしょうか?

熊切あさ美
〔魂が求めるもの〕=6
〔誕生数〕=6


0930oneganora_kumakiri.jpg

「ガケっぷち―くまきりあさ美写真集」ワニブックス刊


 熊切さんは魂が求めるものと誕生数が両方6です。6は基本的に母性が強く、奉仕したり保護したりすることに喜びを感じます。熊切さんはあふれる愛情で大切なものを守る人生を歩む人で、自分でもそれを望んでいるのです。
 ただ、このタイプは愛情を注いだものへの執着心が強く、失うことを極端に恐れる傾向があって、いわゆる「重い」人になりやすいです。
 片岡さんと熊切さんはどちらも情が深く、心安らぐ関係になれます。だけど、少しすれ違うとすぐケンカになって泥沼化しやすいんですよね。だから、すれ違ったらすぐに関係修復すればつきあっていけるのですが......多忙だったせいもあってか、傷を治さないまま次の傷ができて終わりを迎えてしまったのでしょう。


 こうして見ると、片岡さんと熊切さんの関係は情の面が濃すぎて、話しあえる時間が少ない状況ではケンカばかりになってしまうと感じます。藤原さんのような飄々とした人のほうが感受性の強い片岡さんと相性がいいのではないでしょうか。片岡さんがもう少しさっぱりした交際をできると、結婚しても爽やかな家庭を築けると思います。
 知り合いの宿陽の人は「片岡さんは底宿、藤原さんは張宿、熊切さんは昴宿。片岡さんとの相性は、どちらも友達としてはうまくいくけど、恋愛だとうまくいかないと思う。ほどよい距離感の藤原さんのほうが少し相性いいって感じかな」と言っております。

 まあ、占いの相性はプラス面を延ばしてマイナス面を克服するためのものですから、悪い結果が出ても前向きな気持ちで向き合ってもらえたらいいかと思います。


(文=おめがのら)


おめがのら。新進気鋭の占い師。「宿曜」や「カバラ(数秘術)」など世界各地に伝わるさまざまな秘術を駆使し当てまくることで、今もっとも予約の取れない占い師として、ネットの口コミで話題沸騰中。