>  > K-POPグループ・超新星のソンモ、『浜ちゃんが!』で「ボクはあんまり金が無いから」とダウンタウン・浜田に"おねだり"
TVワイドショーななめ読み

K-POPグループ・超新星のソンモ、『浜ちゃんが!』で「ボクはあんまり金が無いから」とダウンタウン・浜田に"おねだり"

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sonmo_tum.jpg

ソンモ公式サイト(リンク


 9月9日深夜放送の『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)に、韓国出身の6人組男性グループ・超新星のソンモがゲスト出演し、ダウンタウンの浜田雅功はツッコミを連発した。

 同番組では、ゲストとトークを展開しながら買い物をし、終了後に代金の支払いを賭けた勝負を行うという企画を行っている。この日の浜田の対戦相手は130Rのほんこんで、浜田チームのゲストにはタレント・梅本静香が登場。ソンモはほんこんチームのゲストとして途中から合流した。

 本屋で待っていたソンモにいきなり蹴りを入れた浜田が「何やってんの?」と尋ねると、ソンモは「今夜は何を作って食べよう......」と本を見て悩んでいたようなフリをするなどノリの良い返事。さっそく行われた財布チェックでは、日本用とは別にしてある韓国用の財布から「1億円入ってます」と"100000000"に見えるように折り畳んだ紙幣を出して披露するというお茶目な一面も。日本用の財布に入っていた金額は1万2000円だった。

 歩きながら、ソンモは自身の日本語レベルについて「日本デビューして4年経ちましたけど、しゃべりは大丈夫だと思う」「でも読み書きがまだ苦手なんです」と説明。ファンから贈られるプレゼントに添えられた漢字やカタカナが読めず、バスボール(入浴剤)を飴だと思って食べたこともあると告白した。そのため、この日は漢字の勉強に使うドリルを買いに来たとのこと。売り場でソンモの現状を確認した結果、小学校3年生レベルの漢字ドリルを買うことに決まった。

 さらに、8月4日にソロデビューアルバム『Tiramisu love』を発売したソンモは、プロモーションで行った握手会が暑かったことから扇風機が欲しいと話した。毎回1000人ほどのファンと握手会で交流すると言い、そのファン層は3歳から90歳と実に幅広い。ソンモ曰く、10代のファンは「ジャンプしたりキャーキャーしたり」、20代は「頭を出してポンポンしてくださいとか言う」、30代は「僕の腕を触ったりする」といった違いがあるそうで、「一番情熱的なファンは40代と50代」「僕が手を出したら引っ張ってきます」と説明した。

 扇風機を買った後は、イヤホンを求めて店内を移動。ソンモは「飛行機が揺れるじゃないですか。だからすごく怖いんです」と飛行機が苦手であることを明かした。揺れを感じないように腹筋をしていると言うが、エンジン音が聞こえるのも怖いので、イヤホンが必要なのだという。お気に入りのイヤホンを見つけたが高額だったため、ソンモは「僕はあんまり金がないから、浜田さん、おねだりしてもいいですか?」と甘える素振りも見せた。

 すべての買い物が終了し、勝負の結果、ギリギリでソンモとほんこんチームが勝利。無事に商品をプレゼントされたソンモは、自身のアルバムと9月9日に発売する超新星のアルバム『7IRO』の宣伝も行った。


(提供=テレビマニア