>  > HEY!SAY!JUMP・山田涼介、「最恐の吊り橋ランキング」に挑戦しビビリまくり......「チビりそう」「終始薮にイライラしてた」
TVワイドショーななめ読み

HEY!SAY!JUMP・山田涼介、「最恐の吊り橋ランキング」に挑戦しビビリまくり......「チビりそう」「終始薮にイライラしてた」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
itadaki02_tum.jpgg

『いただきハイジャンプ』公式サイト(リン


 9月2日深夜放送の『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)で、Hey!Say!JUMPの山田涼介が"最恐の吊り橋"に挑戦した。

 この日の放送では、高所恐怖症の山田がメンバーの薮宏太に付き添われ、最恐の吊り橋を体感するロケへ出掛けることに。山田は、コンサートで空中を舞ったり高い所に登ったりするのは、観客の声援があるから頑張れていると訴えたが、一方の薮は「オレは(橋を)渡んなくていいの? 山田でしょ? ボーナスゲーム!」と喜んでいた。

 2人は、日本一吊り橋が多いという静岡県へ。最初にやってきたのは、全長220m、高さ11mの"久野脇橋"。高所恐怖症の山田を考慮して、スタッフが吊り橋の半分まで行ったら折り返していいと説明すると、山田は「半分行って戻る......結局220mですよね」と指摘。しかし、スタッフから全部渡ってまた戻ってくるかと問われると、「半分でお願いします!」と即答した。

 薮の「山田くん、吊り橋、スタートです! どうぞ、いってらっしゃい!」という掛け声に、山田は「すごいテンションで見送るね」と呆れながらも一歩ずつ"へっぴり腰"で歩き出した。風に煽られて揺れる橋に、山田は「コワイ!」と振り返りつつも少しずつ前進。下を見ることができず、高さの体感も説明できない山田だったが、橋の下の線路を電車が通り過ぎると手を振るお茶目な一面も。しかし、恐怖が極限状態に達したのか、山田は途中から目線が下に行かないように空を見上げて歩くようになり、ついにしゃがんで動かなくなってしまった。

 すると、ファンの声援があれば頑張れると話していた山田のために、金髪のカツラを被った薮が「涼介~! がんばって~!」と叫びながら、表に"涼介LOVE"、裏に"ピースして"と書かれた内輪を振って声援を送り始めた。そんな薮の姿を見た山田は「あの人バカになっちゃったんだな......」と冷めた感想を呟いたが、なんとか吊り橋の真ん中に到着することができた。

 次の橋のVTRに移る前に入った山田の独白によると、「(次の橋では)ちょっとチビりそうになりました」と言うほどの恐怖だったんだとか。また、山田は「言っちゃなんですけど、僕この日、終始薮にイライラしてました」とも明かした。

 そんな2人が次に訪れた橋は、全長90m、高さ8mの"夢の吊り橋"で、眼下には深いダム湖が広がっている。そのため、薮からライフジャケットが手渡された山田は、「先にスタッフさんに言っとくわ。高所恐怖症でしょう、閉所恐怖症でしょう、先端恐怖症でしょう......あとオレ、カナヅチだかんね?」と強調してジャケットを受け取った。また、夢の吊橋は、橋の真ん中で願い事を言うと叶うというジンクスがあり、薮は「真ん中行ったら『高所恐怖症が治りますように!』って願い事を叫びましょう」と提案した。

 またも薮に明るく見送られ、山田の吊り橋渡りがスタート。しかし、ここで前方から人が渡ってきて橋が大きく揺れ、山田はパニック状態に。歩いてきたのは地元の観光協会の男性で、仕事のために渡ってきたと説明された。想定外の出来事で取り乱したものの、山田はなんとか橋の真ん中に到着。約束通り「高所恐怖症が治りますように!」と願い事を叫んだ。

 最後の吊り橋は、登山道を歩いて辿り着いた"畑薙大吊橋"。全長180m、高さ30mの橋を、幅46cmの板で渡らなければならないというスリル満点の吊り橋だ。山田は、数歩進んだ時点で既に揺れを感じてビビり、歩き進めるうちに今までとは段違いの高さを体感して「マジ恐いヤツ!」と訴えた。しかし、そんな山田に対して薮は「(カメラの)目線が下向いてる所も欲しい!」と無茶ぶり。結局、目を瞑ったままヘルメットのカメラを橋の下に向けて応えた山田だったが、その様子を見ていた薮は「男だ!」「あの山田が今、スイッチ入ってますからね」と感心した。

 スイッチの入った山田は下に目線が行かないようにしながら吊り橋を歩き進めていたが、途中で眼下に広がる湖を見て「ちょっと待って、ここはライフジャケットいらないの?」と重大なことに気が付いてしまった。すると薮は「あっゴメン忘れてた!」と言い、山田にライフジャケットを渡すために吊り橋を渡り始めた。近づいてくる薮の姿を見た山田は、「おい! 来んな!」と揺れの恐怖から本気で嫌がったが、無事にライフジャケットを受け取って装着。役目を終えた薮は「じゃあね!」とアッサリ引き返して行ってしまった。

 橋を下りた薮に、山田がトランシーバーで「キライ!」と恨み言を飛ばすと、薮は「オレは好きよ」と返信。すると山田も「オレも好きだよ」と言って、何故か相思相愛っぷりが披露される一幕も。

 その後、見事最後の橋の真ん中に辿り着いた山田は「こんなロケ、二度とやらねーわー!」と宣言。VTRを見終えたスタジオは、「なかなかあんな山田って見れない」「追い込まれた山田って面白いね」などと大盛り上がりだった。


(提供=テレビマニア