>  > 『EXILEカジノ』番外編で黒木啓司&橘ケンチが宮崎の旅へ! 黒木は運気アップのモアイ像に「仕事が増えますように」とお願い
TVワイドショーななめ読み

『EXILEカジノ』番外編で黒木啓司&橘ケンチが宮崎の旅へ! 黒木は運気アップのモアイ像に「仕事が増えますように」とお願い

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
exile.jp_tum.png

『EXILEカジノJP』公式サイト(リンク


 9月10日深夜放送の『EXILEカジノJP』(フジテレビ系)は番外編と称し、EXILEの黒木啓司と橘ケンチの"KKコンビ"が宮崎の旅に飛び出した。

 宮崎出身で2012年から観光大使にも任命されている黒木は、橘と共に宮崎空港に到着。地元のゆるキャラ・ひぃくんとむぅちゃんがEXILEの「Rising Sun」を踊って出迎えてくれた後は、名物"なんじゃこら大福"でおもてなしを受けた橘。つぶあんに栗、苺、クリームチーズが入った大福を食べた橘は、「なんじゃこら!?」と叫んで場を盛り上げた。

 黒木の案内で、ご当地グルメのカツオの炙り重を食べに向かった2人。橘はカツオを自分で炙るスタイルに、加減を確認しながら程良い半生状態に仕上げると、一口食べて「これはウマいわ」と絶賛。続けて、「絶妙な塩辛加減で塩具合、カツオのぷりぷりとした食感が......」と上手な食リポをしていた橘だったが、最後は「なんじゃこら!?」とオチを付けた。そして、橘は隣で笑う黒木に向かって「今日これに頼る傾向ある」と宣言した。

 2人が続いてやってきたのは、世界で唯一、本家・イースター島の特別な許可を経て完全復刻されたという7体のモアイ像が立ち並ぶ海辺。黒木は「(モアイに)抱き着くといいことがある」と、7体にそれぞれ仕事、健康、恋愛、全体、結婚、金運、学力の運気UPのご利益があると言われていることを説明し、「ケンチどこ行く?」と橘を促した。橘は、「仕事でしょ!」とお目当てのモアイにダッシュ。「『EXILEカジノ』がめちゃくちゃ有名になりますように」と願ってモアイに抱き着いたが、そのシュールな図に「何この画?」と我に返った。そんな橘に「大丈夫! 叶った!」と声を掛けた黒木は、同じく仕事運UPのモアイに近づいて「自分の仕事が増えますように......」と願いを込めて抱き着いた。

 さらに、「ここ大事!」と金運のモアイに移動した後、「俺に一番大事なもの。『学力』」と自虐コメントしながら該当のモアイに抱き着いた黒木。その様子に橘は「そこ(学力)はね、今のままでいてほしいなオレは」と、ありのままの黒木をプッシュした。その後"モアイおみくじ"を引いたところ、2人揃って「吉」という結果に「ヤバいね」「ヤバくないですか、このKKコンビ」と爆笑した黒木と橘。仕事運の部分を「せーの」で読もうとしたが、橘だけが「怠けなければ......」と読み出し、黒木は「俺『なまけなければ』って漢字が読めなかった」と笑いながら白状した。モアイのご利益はまだ得られていなかったようで、黒木は「もう一回後で抱き着いとこう」と学力UPを願った。

 次に、宮崎の市街地へ移動した2人は、「EXILE PROFESSIONAL GYM(EXPG)」というダンス、ボーカル、演技すべてのエンターテイナーを育成するスクールの宮崎校を訪れた。教室に入ると橘は「宮崎の誇り、啓司さんが帰ってきました!」と盛り上げ、子ども達からも大きな拍手が起こった。

 子ども達のダンスを見学した後は、宮崎校の校長で黒木にダンスのキッカケを与えたというK-SUKEが登場した。橘が「啓司はちゃんとダンスやってたんですか?」と質問を始めると、「お願いしますよ、カメラあるんですから」と慌て出した黒木。K-SUKEが「ヤンチャでしたけど......」と言いかけたのに対しても、「好青年ですよね」と言葉を被せた。続くK-SUKEの「宮崎の夢を叶えてくれた」という発言には「そういうことをちゃんと言ってください」と安堵したようで、黒木は「変なのが出ないうちに......」と橘を連れてEXPGを後にした。

 そのまま繁華街へやってきた2人は、橘の「あそこで昔『にくまきおにぎり』食った気がする」という言葉で店に立ち寄ることに。黒木も「これを買ってクラブに行ってた」と言い、20歳の頃に食べていたというオススメの"チーズにくまきおにぎり"を紹介。橘は「啓司の青春の味、いただきます」と一口かじり「なんじゃこら!?」とこの日お決まりのセリフを叫んだが、黒木から「ケンチ声デカイ。人いるから」と注意されてしまった。

 にくまきおにぎりの他に「もう一つケンチに食べてもらいたいものがある」という黒木が案内したのは、タルタルソースのチキン南蛮が発祥した店。黒木は「1回、J Soulの時きたよね」と、2人が"二代目 J Soul Brothers"時代に来店していたことを振り返り、橘も「来ました、覚えてます」と笑顔を見せた。

 美味しそうなチキン南蛮が出てくると、食べようとした橘に向かって黒木から「お客さんが多いからね、声小さめで......」と事前警告が入った。橘は言いつけを守って小さめの「なんじゃこら!?」を披露。また、橘は食べ進めながら「(昔来た時の)席もここだったような気がするんだよな、2代目で食べた時」とも。黒木もチキン南蛮を食べて至福の表情を見せたが、「『なんじゃこら!?』期待してたでしょ? やんない!」と、まさかの拒否。残念がる橘に、黒木は「やれないよ、怖くて」「ケンチの(『なんじゃこら!?』を)今日、4回くらい見たけど、1回もケツ拭けなかった」と苦笑した。

 そんな黒木は、宮崎の観光大使であることについて「宮崎プラス、九州を盛り上げていきたい」と熱い想いを告白。そのため、イメージアップを狙ってか「EXILE カジノ......カジノって名前を無くしていこうか」と番組名変更を提案。すると橘から「EXILE タビ(旅)ノにしよう」と名案が生まれ、黒木も「そうしよう」と頷いた。

 最後はパワースポット「鵜戸神宮」で願掛けをすることに。"運玉"という玉を買って決まった場所に投げ入れられたら願いが叶うということで、2人は「EXILEのツアーが成功しますように」と、既に大阪での公演を終えたコンサートツアー「EXILE LIVE TOUR 2015"AMAZING WORLD"」の成功を願い挑戦開始。しかしなかなか入らず、すべての運玉を使い果たしてしまった。そのまま帰るわけにも行かず、追加の運玉を購入したところで、黒木が「今2人で20個じゃん? 19個目に入るようになってるんだよ」とEXILEメンバーの数で成功すると予想。するとその言葉通り、19個目で黒木が見事成功させ、「これでツアーはバッチリ」と橘とハイタッチして喜んだ。

 次週は黒木と橘の2人にTETSUYAを加えた"横須賀旅"とのこと。今回以上の珍道中となりそうだ。


(提供=テレビマニア