>  > 「DASH島」石橋ついに完成! リーダー・城島茂は親父ギャグ舌好調&"棟梁達也"が大活躍
TVワイドショーななめ読み

「DASH島」石橋ついに完成! リーダー・城島茂は親父ギャグ舌好調&"棟梁達也"が大活躍

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dashjima.jpg

『ザ!鉄腕!DASH!!』公式サイト(リンク


 9月13日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、TOKIOの城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也が無人島「DASH島」に作っていた石橋を完成させた。

 この日の番組は、石橋完成に向けて大詰めを迎えた城島と山口が、一度に大量の石を運ぶためのイカダを作成する場面から開始。漁業用のブイ、木枠、板とすべて海からの漂着物で作ったイカダに石を積んで進水させ、山口が綱で引っ張って行くことに。城島はイカダに乗って海底を棒で突きながら、岸に寄っていかないようにする役となった。

 しかし、イカダが傾いて海に滑り落ちてしまった城島と石。山口はせっかく積んだ石が無くなったことを指摘したが、城島は「マイク、マイク!」「音声さん!」と身に付けていたワイヤレスマイクのことを気に掛けていた。城島はこれまでもアイドルとしてお茶の間に声を届けようとマイクを死守してきたため、今回も奇跡的に壊れなかったことが分かると安堵の声を挙げた。

 その後、城島の「リベンジ」の声で石の運搬を再開。ところが、連日の石運びで腰を痛めていた城島が体勢を立て直そうとしたところで、またしても滑り落ちてしまった。2人は海に落ちた石を探して積み直し、そこからはイカダには乗らずに一緒に押して運ぶ方法にチェンジ。スタッフの協力もあり、10日掛けて約400個の石を運ぶことができた。

 国分も合流し、運んだ石を壁石として積むために大きな石を捜索。その最中、波打ち際に漂着した保温用の弁当箱が見つかると、このような場面に慣れた山口が手際よく3つの箱を取り出した。逆に、初めての国分は「何をしようとしてるの?」と困惑顔。3つの箱のうち、小さい物を山口、中くらいの物を城島、大きい物を国分が開けて確認することに決まった。山口の箱は空だったが、城島が開けた箱にはソーセージと玉子が入っており、"山口プロ"が匂いを確認したところ、「イケる!」「食材の匂いがちゃんとする!」とのこと。しかし、国分の箱に入っていた"何か"は3人一斉に「くせぇー!」と叫ぶほどの悪臭を放っており、画面上ではモザイクが掛けられていたが、3人の予想では米ではないかということだった。

 壁石積みではまず、城島と松岡が作業に取り掛かった。石工の「石も踊るんですよね」という言葉に反応した松岡は「昔、俺たちも踊ってたな」と言い、城島も「踊ってたね~」とどこか懐かしそうに相槌。しかも、ここで2002年のTOKIOのコンサートで松岡が踊る様子が流れ、VTR明けには「昔の映像を出すなって、恥ずかしいから」と言う松岡。石が安定して落ち着くと、「これぐらいの落ち着きがオレにほしいんだよ、今」と呟いた。

 また、壁石積みが後半に差し掛かった頃には、胸の高さまで何度も石を持ち上げて積むという過酷な作業に取り組んだ城島や長瀬、国分。困難を極めながらも城島は「この"橋"、あと"端"の方までやらなあかんな」とギャグをかましたが、国分の「もうちょいですね!」という言葉で片付けられてしまった。

 石橋作りの合間には、城島と長瀬による食料調達も行われた。山口が3年前に浅い岩場で見つけたショウジンガニを探すため、舟屋で仕掛けを作成した2人。今までに見つけた漂着物の中でも匂いのキツいネギの漬物を括りつけ、岩場に仕掛けに向かった。すると、ネギに釣られたカニを見事ゲットでき、新鮮なうちに茹でて食べることに。作業を終えた国分も合流し、3人で殻を剥いたカニを食べようとしたが、1人だけ上手に剥くことができない城島。笑いながら「"いかに"、"カニ"を普段食べてへんかやな」とギャグを飛ばすも、早くカニを食べたい2人に放置されてしまった。結局、城島のカニは国分が剥いてあげ、3人で一緒に実食。カニは味が濃く、歯ごたえがあって美味しかったようで、国分は「今まで食べた中で一番美味いかも、DASH村で」と絶賛した。

 数日後、2ヶ月続いた石積みの最後は、TOKIOの5人揃っての作業となった。ここでも城島が「(石だけに)ストーンってなるよりかは......」とダジャレを言い、今回は放っておけない男・松岡が「今日飛ばすねぇ」としっかり拾った。

 石積みを終え、支保工を抜く作業では国分が「心を一つに!」と仕切って5人の力を合わせるも、途中でつかえたまま抜けなかった。そこで、"棟梁達也"こと山口が、自分で組んだ柱を自らの手で破壊。その結果、支保工を取り払うことに成功し、石橋も崩れることなくしっかりと架かったまま。台風被害から371日、大小2つの島を結ぶ橋がようやく完成した。

 5人は橋の上で"開通式"をすることに。「渡り初め」という地域最高齢の夫婦を先頭に橋を渡る儀式を真似て、TOKIOの年長コンビ・城島と山口が夫婦役で先頭に立つはずだったが、松岡、国分、長瀬が「我々はこっちで待ってる」と先に渡ってしまった。ともあれ城島と山口が渡って5人が揃い、手繋ぎでバンザイして橋の開通を祝した。


(提供=テレビマニア