>  > 入居者が立て続けに3人転落死したという川崎市幸区の老人ホームのニュースから介護業界の闇を推測する
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!

入居者が立て続けに3人転落死したという川崎市幸区の老人ホームのニュースから介護業界の闇を推測する

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
okita_news_0910_03.jpg入所者3人相次ぎ転落死 川崎の老人ホーム「事態重く受け止める」(リンク

入所者3人相次ぎ転落死 川崎の老人ホーム「事態重く受け止める」
産経ニュース 2015.9.6 19:30
 川崎市幸区の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で昨年11~12月、入所していた80~90代の男女3人が相次いでベランダから転落死していたことが6日、分かった。施設の運営会社は「現段階では事故ととらえている」としているが、川崎市は施設側に対して原因究明や再発防止を求める指導をした。神奈川県警は不審な点がないか、経緯を慎重に調べている。

 運営会社や消防などによると、この施設では昨年11月4日、入所者の男性=当時(87)=が4階から転落。続いて12月9日に女性=当時(86)=が同じ4階から、同31日には別の女性=当時(96)=が6階から、それぞれ転落した。夜間巡回中の施設職員が、窓が開いていたことなどから室内を確認して発見し、119番通報した。 いずれも未明の時間帯で、遺書などは確認されていない。3人の部屋はすべて個室で、ベランダには高さ約1・2メートルの手すりがあった。当時夜勤を担当していた職員に聞き取りをした結果、転落前の3人に特段変わった様子はみられなかったという。(中略)

 施設は平成23年11月に開設され、6階建てで居室は80室あり、支援や介護が必要な高齢者が入居。開設以来、この3人以外に転落事故は起きていないという。


こういう"疑惑"こそテレビは騒ぎ立てるべきだ


 『子供も叱るな来た道 年寄り笑うな行く道』という言葉がある。子供やお年寄りを大事にしなければならないと戒めているのだが、ここの施設では一体何が起きていたのか。

 後述するが高齢者が増えた影響で、この施設だけでなく、介護施設やデイサービスに胡散臭い企業や人間が多く参入している。そういった一部の者達が社会の暗部を作り出し、不可解な事件を生み出しているのだろうか。

 入所者に対し暴力を加え、それを闇から闇へと葬り去る所業は断じて許されるものではない。テレビでもその暴行シーンが流されていたが、誰もいい気はしなかったはずだ。むしろ多くの人達が怒りに震え、胸を締めつけられたのではないだろうか。

 施設側は本当に金目当てのみでなく、お年寄りが不安なく生活できる場所の提供やお年寄りのサポートをするつもりで、運営に当たっていたのか。それとも、金儲けの事しか考えていなかったからこうなったのか。不可解な事件がこれだけ続いて起こっている以上、後者と思われても仕方あるまい。

okita_news_0910_05.jpg

Sアミーユ川崎幸町のサイトより(リンク

 ひとりの20代の職員が、ベランダから3度の飛び降りがあった際、3度とも勤務にあたっていたことから、現在限りなくグレーな人物として浮かび上がっているが、叩いてホコリの出る身であれば、とうの昔に別件でガラ(身柄)を捕られ、本件を追及されているだろう。

 そして、マスコミはごぞって、逮捕前のインタビューをこれでもかというくらい流すのだろう。

 このような事件の時こそ、マスコミも大いに騒ぎ立てるべきである。