>  > 『フレンチ・キスのキス旅2』でAKB48・柏木由紀が卒業語る「今の環境がベスト。でも......」
TVワイドショーななめ読み,

『フレンチ・キスのキス旅2』でAKB48・柏木由紀が卒業語る「今の環境がベスト。でも......」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
frenchkiss_tum.jpg

「フレンチ・キスのキス旅2」公式サイト(リンク

 9月6日深夜放送の『フレンチ・キスのキス旅2』(テレビ東京系)で、フレンチ・キスの柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香がそれぞれの"卒業"への想いを語った。

 フレンチ・キスはAKB48の派生ユニットだが、2015年8月17日に倉持がAKBを卒業。11月5日にさいたまスーパーアリーナで開催されるコンサートをもって、フレンチ・キスも解散することが発表されている。

 この日の番組では、フレンチ・キスの3人がユニット名に由来するフランスのパリへ出発した。高城と倉持はパリへ行ったことがあるが、柏木は初めてであると同時に今まで行った中で最も遠い国とのこと。ヨーロッパへ13時間のフライトを経験したことがあると話す倉持に、柏木は「怖い。どうすればいいの? 13時間も飛行機乗れない」と不安を吐露。しかし倉持は「スゴイ楽しいの!」「好きなだけ寝てられるし」「立つのはトイレ行く時だけだよ。そんな幸せある?」と熱弁し、柏木と高城から「ダメ人間じゃん」と呆れられた。

 フライトを終え、パリに到着した高城は"シャルル・ド・ゴール空港"が言えず、「フランス語難しい......」と、のっけから天然発言。その後、まずはディナーということで、高城の希望でガレットを食べに行くことになった。チーズやほうれん草、ポテトなどがたっぷり入ったガレットに、スイーツまでしっかり堪能した3人は、支払いを掛けて"いっせーのせ!対決"をオシャレに小指で開始。勝負の結果、柏木が自腹でおごることになった。

 食事後、ホテルにチェックインした3人の部屋での話題は、それぞれの"卒業"について。今回の旅の出発直前、7月19日付けのサンケイスポーツ紙上でAKB48から卒業することを発表していた倉持に対し、高城は「発表の仕方、斬新じゃない?」と問い掛けた。倉持は、これまでに卒業したメンバーのようにステージ上ではなく、スポーツ紙を選んだ理由について、「発表の仕方を何か工夫できないかなって思った」「将来、卒業してからスポーツキャスターとしてお仕事したいなと思ったから、スポーツ紙で発表するっていうのも、自分のやりたいことに繋がるかなと思って」と、自分なりのファンへの意思表示だったと説明。また、卒業後に「応援してて良かったと思ってもらえるくらいの存在になったら、恩返しかな......ファンの方にとって」と想いを語った。

 倉持の話を聞いて「卒業ね......」と呟いた柏木にも、高城は「ゆきりんはさ、卒業とかあんまり語ったりしないよね?」と問い掛けた。また、メンバーの情報源はネットニュースだと言う高城は、柏木についても「ネットニュースで見てたんですけど......」と踏み込んだ。柏木は「私もさすがに最近は考えるよね、卒業」と、他のメンバー達の卒業ラッシュの中で、自身のことも考えるようになったと告白。しかし、「もともとグループで活動したいなみたいなのがあったから、今の環境が自分の中で凄いベスト」という気持ちと「でも、個人のこと考えると、ここの良い環境に居続けるのはなってすごく思う」という葛藤も明かした。

 さらに、柏木は「考え始めた時にNMBの兼任があったりとか」「NGTも決まったから」と、2014年から兼任していたNMB48や、2015年に発表されたNGT48の兼任にも触れ、「グループにいる間はグループのために」と、与えられた仕事を成し遂げてから卒業したいという考えを示した。

 高城は自身の卒業について、AKB加入時からの「女優さんになるのが夢」という目標を軸に、「自分にもAKBにも良いタイミングで辞めて次のステップに進んで行くのがいいのかな」と語った。

 3人は、この旅行が倉持の卒業旅行になると気付き、翌日は仲良くエッフェル塔を訪問。塔の外から定番の写真撮影を楽しんだ後は、中の展望台からの景色を満喫した。高城はセーヌ川に向かって「有名になるぞ~!」と大声で叫んで注目を浴び、さっそく有名人になってしまった。


(提供=テレビマニア