>  > 【裁判所24時】オービスを光らせて動画サイトにあげたら、求刑××年!
今井亮一の「裁判傍聴バカ一代」R-ZONE出張版

【裁判所24時】オービスを光らせて動画サイトにあげたら、求刑××年!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

けっこう盛られた求刑

 検察官の求刑は懲役9月(きゅうげつ)。
 
 通常、スピード違反の刑罰の上限は懲役6月(ろくげつ)だ。そして併合罪の上限は、併合すべき事件が何件あってもその5割増し(刑法第47条)。
 本件は単なるスピード違反ではなく、あえて故意でやり、かつ動画サイトに投稿したところが極めて悪質なので、上限の6月プラス5割増し、そういうことかなと俺は推理する。
 
 判決は9月14日。
 罰金前科しかない若者を、こう言っちゃ何だがこの程度で懲役の実刑にするとは考えられない。執行猶予が付くだろう。 
 裁判官は執行猶予(最長5年)を何年とするのか、どんな偉そうなことを言うのか、そこが見所だ。判決も傍聴しに行こうか、車で片道2時間以上かかるんだけども。
 
 ちなみに犯行車両はスバル・インプレッサだそうだ。

imai0907_02_IMG_0316.JPG

本起訴案件の道路とオービスを傍聴帰りに現場へ行き、撮影。周囲に商店等はない直線道路ではあるが、ここで172、125、130キロはムチャクチャである。


(取材/文=今井亮一)


◆交通ジャーナリスト・今井亮一の"知ってると損しない"豆知識
「What's オービス?」

imai0907_03_IMG_0322.JPG

これが件のオービス。写真は本案件の現場のもので、東京航空計器の電子式のオービスⅢ。車に乗ってる人なら似たようなものは見たことはあるはずですね。

imai0907_04_IMG_0324.JPG

仕組みはこんな感じ。走行車線、追い越し車線ともに路面に小さな白線がある画像。その白線のところが、オービスⅢの「撮影地点」。その手前に埋設されたループコイルにより速度を測定し、「撮影地点」に違反車両がさしかかった瞬間に撮影する。




今井亮一 プロフィール
いまいりょういち●交通ジャーナリスト/マンガ原作者/作家。著書は『交通違反ウォーズ!』(小学館)、『なんでこれが交通違反なの!? 警察は教えない126の基礎知識』(草思社)、『裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録』(角川書店)など多数。
ブログ「今井亮一の交通違反バカ一代」http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/
メールマガジン「裁判傍聴バカ一代」http://www.mag2.com/m/0001035825.html