>  > 【裁判所24時】奈良県警オービススピード違反もみ消し事件の真相
今井亮一の「裁判傍聴バカ一代」R-ZONE出張版

【裁判所24時】奈良県警オービススピード違反もみ消し事件の真相

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もみ消しの詳細がつまびらかに


 

0920imai_03_IMG_0398.JPG

本件オービスの手前にある警告板。警告板は、青地に白文字はなく、白地に黒文字。珍しいタイプだ。撮影=今井亮一


 第2回公判は9月18日。公訴事実は3件。
 検察官の起訴状と冒頭陳述によれば、こんな事件なのだった。
 
 いずれも高速隊で、名阪道に設置されたオービス(ループコイル式で電子式)の担当をしていたとき...。
 
 オービスの写真(違反車の顔とナンバー等が映り、測定値等が焼き付けられている)を印刷し、呼び出しの通知を発送した。ここまでは普通だ。
 
 だが、高速隊の庁舎に出頭してきたAに対し、被告人はとんでもないことを言った。
 
「違反をなかったことにできますよ。ソフトで写真の顔とナンバープレートをぼかして分からないようにして、なかったことにできます...見返りをいただけますか?」
 
 Aは承諾。被告人は数日後、Aの写真を明暗補正により不鮮明にして印刷、「追跡調査処理簿」に貼り付け、「顔部(がんぶ)不鮮明」などと記載、上司に提出した。
 それからAに電話し、「2万4800円になりました」と言って自分名義の口座に金を振り込ませた...。
 
 さらに別の日、同様に出頭してきたBに対し、被告人は言った。
 
「この写真を加工して警察のほうには違反を報告しない。この写真を加工するソフトがあるんです。2万9800円するんです。ソフト代を払ってくれたらできます。後日連絡します」
 
 Bも承諾。Bの写真も不鮮明に処理し、もみ消した。
 後日、ゴルフ用品店の駐車場でBと会い、現金を受け取ることになった。
 その際──ここがオドロキなのだが──Bは2万9800円では少ないと考え、自ら10万円を差し出し、被告人は受け取った。
 
 3件目のCは、素直ではなかった。
 被告人が写真を見せると、こう言ったんだそうだ。
 
「こんなぼやけた写真は自分とはいえない。写真をはっきりさせてくれ。はっきりさせてくれたら違反を認めるわ」
 
 少々ぼやけている程度だと、警察は呼び出すようだ。だからCも件も呼び出したのだ。
違反者がゴネれば、ならば逮捕して勤務先も家族も調べる、とか何とか脅せばいいのである。
 
なのに、被告人はこう言った。
 
「写真をきれいにはっきり修正するには、パソコンにプログラムを入れる必要がある」
 
 するとCは言った。
 
「そのプログラム、わしが買うたるわ。金額を知らせてくれたらその金を振り込むわ」
 
 写真をはっきりさせるプログラムをCが買い取る。プログラムがないので写真はぼやけたままとなる...そういう話かと解される。
 
 被告人は、否認されて面倒になったことから、検挙を見合わせようと考え、Cを帰した。
 そして翌日、プログラム代は3万9800円だと電話し、自分名義の口座に振り込ませた。その後、Cの写真も不鮮明に処理、もみ消した。
 
 9月18日の第2回公判は、検察官の書証(有罪にするため用意してきた証拠書類)の要旨告知までで終わった。なんだかんだで約1時間かかった。
 
 3件とも、あまりに大胆! 普通じゃ考えられない。
 被告人本人は誰にもしゃべらなくても、もみ消してもらった側は、きっとどこかで誰かにしゃべる。
 
 得意げにしゃべる者もいるだろうし、たとえば、
「オービスが光っちゃった。今度捕まったら免許取り消しだ。仕事がクビになる。どうしよう」
 と困り果てる友人に対し、
「大丈夫だよ。何万円か払えばもみ消してもらえるんだよ。俺、助かったことあるもん」
 とアドバイスするとか。
 
 あるいは、
「こりゃあ、おいしい話を聞いたぞ! 100万円ぐらい楽勝で引っ張れる」
 と、被告人に食らいついてとことんむしり取ろうする者も出てくるだろう。
 
 そんなこと、ちょっと考えれば分かるのに、被告人はなぜやってしまったのか。
 
 次回は11月5日、被告人質問が行われる。また奈良へ行かねば!


(取材/文=今井亮一)

0920imai04_IMG_0409.JPG

本件のオービスを撮影。このオービスは東京航空計器のオービスⅢLK。路面下のループコイルで速度を測定、頭上のカメラで撮影する。画像は高速隊の中央装置へ通信回線で伝送される。撮影=今井亮一







今井亮一 プロフィール
いまいりょういち●交通ジャーナリスト/マンガ原作者/作家。著書は『交通違反ウォーズ!』(小学館)、『なんでこれが交通違反なの!? 警察は教えない126の基礎知識』(草思社)、『裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録』(角川書店)など多数。
ブログ「今井亮一の交通違反バカ一代」http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/
メールマガジン「裁判傍聴バカ一代」http://www.mag2.com/m/0001035825.html