>  > 松戸市で逃げ出した犬相手に13発発砲した千葉県警の警察官に元極道が苦言
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!

松戸市で逃げ出した犬相手に13発発砲した千葉県警の警察官に元極道が苦言

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
okita_news_0915_04.jpg

千葉県警:人襲った犬に拳銃13発射殺...「使用は適正」毎日新聞(リンク

千葉県警:人襲った犬に拳銃13発射殺...「使用は適正」
毎日新聞 2015年09月14日 12時19分
 14日午前2時ごろ、千葉県松戸市稔台で「女性が犬にかまれた」と110番があった。県警松戸署員が駆けつけると、飼い主の男性(71)が犬に襲われており、警察官3人が拳銃を計13発発砲し、犬を射殺した。通行人の女性(23)と飼い主が腕などを犬にかまれて軽傷を負った。

 同署によると、紀州犬の雄(7歳)で体長122センチ、体高58センチ。飼い主に警察官が「離れてください。拳銃を使います」と呼びかけ、飼い主が自力で振り払うと、犬が警察官に向かってきたため、発砲したという。飼い主は13日午後11時過ぎから、行方が分からなくなっていた犬を捜していたという。

 同署の浜元裕彦副署長は「現時点では、拳銃の使用は適正かつ妥当だったと考えている」と話している。

 現場は一軒家やアパートが建ち並ぶ住宅街。けたたましい犬の鳴き声で目が覚めたという近くの主婦(73)は「バーン、バーンと爆発するような大きな音がした。発砲があったと聞き、怖くて外に出られません」と青ざめていた。


いくらなんでも13発はやり過ぎやろ


 果たして、13発も弾く必要があっただろうか。

 警察官3人がかりである。熊ならわかる。いのししでもわからなくない。だが相手は紀州犬である。

okita_news_0915_05.jpg

『帰ってきたナチ―紀州犬 愛の物語』水上美佐雄著 学習研究社

 何人もの人を噛み殺して向かってきたのであれば、悪意をこめて13発の鉛を撃ち込んだとしても仕方なかろう。だが、そうじゃない。確かに通行人の女性の方や紀州犬の飼い主などは、「軽いケガ」をおっているが、警察官は誰一人ケガをしたとか死にかけたという記事がない。

 襲われた人を救うための発砲ではなく、次の被害者を出さない為の射殺だという。

 殺すと宣言した警察官にキバを向いて向かってきたから、射殺したという。

 71歳の飼い主が自力で紀州犬を振り払っているのに、13発も発射する程、警察官3人は身の危険を感じたというのか。

 一発は流れ弾が外壁に当たっているのだぞ。これが適正か。近所の人達の声は、暴れる紀州犬に対しての恐怖ではなく、みんな警察官が弾いた銃声に怯えている

 そんなことをすべてふまえた上で千葉県警松戸署の副署長は、「現時点では、拳銃の使用は適正かつ妥当だったと考えている」とコメントしているのか。

 71歳に振り払われる紀州犬と、警察官の流れ弾。どちらが、危ないと思う? 流れ弾も仕方なしか?

 昔に比べ、警察官の拳銃の使用は随分と暖和されてはいるが、だからと言って犬を相手に街中で13発の発砲はどう考えても問題だろう。こんなのがまかり通れば、それこそ流れ弾で次の被害を生んでもおかしくない。法で罰せられることはないだろうが、動物愛護団体は、今回の件を重視するのではないだろうか。

「犬相手にやり過ぎた。市民のみなさんにも、銃声で怖ろしい思いをさせてしまい、申し訳ありません」と言えないものなのであろうか。




沖田臥竜
兵庫県尼崎市出身。日本最大の暴力団組織二次団体の元最高幹部。前科8犯。21歳から29歳までの8年間服役。その出所後わずか半年で逮捕され、30歳から34歳までまた4年間服役と、通算12年間を獄中で過ごす(うち9年間は独居)。現在、本サイトで小説『死に体』を好評連載中。