>  >  > ダンプ当て逃げの理由が「×××へ急いでいて...」と運転手さん、突き合うのはアソコだけにしましょう
ラブホ従業員はミタ 第二十二夜

ダンプ当て逃げの理由が「×××へ急いでいて...」と運転手さん、突き合うのはアソコだけにしましょう

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

61歳のダンプ運転手さま、次回は安全運転で!

 

 ごきげんよう、大塚です。
 
 ちょっぴりご無沙汰してしまい、すみません。
 けっこうシャレにならない風邪を引いてしまったのですが、お店をなかなか休めず、さすがに原稿を書く体力はありませんでした。今はもう大丈夫です。鬼の霍乱、とか誰も突っ込んでくれないくらい当店も忙しく(汗)。台風でもお客様が来てくださるので、それはありがたかったです。

 さて、9月2日には奈良で「ラブホへ急いでいた」61歳のダンプ運転手さんが当て逃げで逮捕されたとのニュースが報じられました。ひとまず被害者さんにおケガがなかったそうで、よかったですね。
 被害者さんがクルマのナンバーの一部を覚えていて、ラブホの駐車場に停まってたところで足がついたそうです。
 いろんな意味で興味深い事件ですが、奈良県警さんも記者クラブも面白がってますよね、絶対。

 警察「自分、当て逃げしたやろ? タイホや!」
 運転手「す、すんまへん、急いでて......」
 警察「急いでどこ行くつもりやったんや?」
 運転手「ら、ラブホです......」
 警察「は?」
 みたいな会話が展開されたのでしょうか。
 被害者さんには申し訳ないですが、面白すぎますね。デリ嬢さんとの約束の時間が迫っていたのかもしれません。

 基本的なところですが、当店では、お部屋からデリさんを呼ぶお客様がほとんどなのに対して、歌舞伎町や鶯谷などラブホのメッカはお外の喫茶店や神社で待ち合わせをされる方が多いそうです。
 お部屋に来てもらうと、デリさんを待ってる時間が「もったいない」んですね。ご休憩時間が足りなくなることだってあります。
 今回逮捕された運転手さんは、休憩時間をフル活用されるために、時刻指定で予約されたのでしょうか。
 以前は、予約できないラブホがほとんどだったのですが、最近はネット予約できるラブホも多いです(当店はできないのですが)。
 還暦を過ぎても、ラブホへと走り、ついでにちょっと追突もしちゃうバイタリティのある方は、イヤミでも何でもなく絶滅危惧品種ですよね。
 安全運転は大前提ですが、これに懲りずにラブホを活用していただきたいものです。


 今回もお読みいただき、ありがとうございました。
 ツイッターのフォローもありがとうございます。
 ちなみに、先日仲よくなったラブホ関係者様に「大塚さんて......男だと思ってた」と言われました。素人ながら「オトコマエの文章を書くヤツ」というホメ言葉と受け止めさせていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

love01.jpg

エロに関して早いのは・・・嬢には喜ばれますかね!? 事故は気を付けましょう(写真は本文とは関係ありません)




大塚
都内のラブホ「ホテルニューみのわ」(仮)勤務。就職難のため、思い余って清掃員に。水が合っていたようで結構エンジョイしている日々。週刊実話ザ・タブーにて「マル秘連載!! ラブホ清掃員が明かす『男と女の密室エロマンティク』連載中。ツイッターは@ohtuka_luvho