>  > 山口組のごみから猛毒フッ酸! 14人のごみ処理作業員がガス吸う
山口組分裂の原点を探る! 日本のヤクザ社会に今、何が起きているのか!?

山口組のごみから猛毒フッ酸! 14人のごみ処理作業員がガス吸う

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
newsnaname_0825_01.jpg

山口組のごみから猛毒のフッ化水素検出、14人軽症-山口組総本部家宅捜索へ 産経ニュース(リンク

山口組のごみから猛毒のフッ化水素検出、14人軽症-山口組総本部家宅捜索へ
産経ニュース 2015.8.23 16:34
 神戸市東灘区の民間の産業廃棄物処理施設で3日、ポリタンクに入っていた猛毒のフッ化水素酸(フッ酸)の液体から気化したガスを吸って、作業員ら14人が軽症を負う事故が起きていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 ポリタンクが神戸市灘区の指定暴力団山口組総本部からごみとして出されていたことも判明。兵庫県警は同日午後にも、廃棄物処理法違反事件の関係先として、同本部を家宅捜索し、用途などを調べる。

 捜査関係者によると、ポリタンクは、同本部から神戸市灘区の産廃業者が回収した。業者の処理手続きなどに、違反があった疑いがあるという。

 フッ酸は工業で広く使用され、毒劇物取締法で指定される揮発性の液体。皮膚を壊死(えし)させ、吸い込んでも死に至る危険がある。(後略)。


猛毒フッ化水素酸を何に使用したのか!?


newsnaname_0825_02.jpg

 フッ酸は、主に工業で使用されるフッ化水素の水溶液から気化したもので、ガラス素材や金属も腐食させるため、通常はポリエチレンもしくはテフロン加工容器に入れて保存されるという猛毒。

 人体に触れると骨を溶かし、激しく腐食、壊死する危険もある。吸い込んでも死に至ることがあるというから相当なもの。山口組の皆さんはこんな劇薬を何に使っていたのでしょうか!? いちおう工業用フッ酸の用途としては義歯の作成や金属の洗浄で使われるそうですが......。

 ちなみに2013年の3月には山梨県山中湖村の会社員男性(40)が片思いしていた女性の靴に、ひそかにフッ酸を塗りつけ、女性の足の指5本を切断させたという事件も......、捜査の進展が気になります。(2015年8月25日公開)


(文=R-ZONE編集部)