>  > 関ジャニ∞・村上信五は「自己中心的な女優タイプ」!『月曜から夜ふかし』寝相診断で不満顔
TVワイドショーななめ読み

関ジャニ∞・村上信五は「自己中心的な女優タイプ」!『月曜から夜ふかし』寝相診断で不満顔

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
yofukashi_tum.jpg

『月曜から夜ふかし』公式サイト(リンク


 24日放送のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、「夏休みうたい文句が気になる観光スポット」を紹介。その中で出てきた山口県・周南市徳山動物園「夏だ!ゴキだ!! ごきぶり展」に関連して、VTR明けのスタジオトークではMCのマツコ・デラックスがゴキブリが3日間くらい家に長期滞在したエピソードを披露した。

 マツコは「6、7年くらい(前の話)......3日くらいいたね。なんかやろうとするとササッといなくなる」と台所とリビングに現れた思い出のゴキブリについて話し始め、「なんとなくだけど、同じヤツだってわかるのよ。打ちのめさないっていうのも途中でわかってきたわけよ、あいつ」とゴキブリへの感情移入ともとれる表現でその様子を語った。そのゴキブリは、マツコにちっちゃい会釈をしたり、二度見するようでもあり、「だんだん、あたしがコイツは悪いやつじゃねぇなと。あたしも気を許し始めたわけよ。2日目くらいに」と、しまいには「『どうも』っていう感じで......」と、そのゴキブリの真似をするマツコに「しゃべってるやん!」と関ジャニ∞・村上信五は驚いた。最後の日、窓のところから出ていこうとしたゴキブリは「君のこと忘れないよ」という雰囲気だったと説明するマツコには「哀愁でてるやん」と村上も苦笑し、笑いに包まれた。

 また、"寝相でわかる性格診断"のトピックスでは、村上とマツコが言い争いになる一幕も。「A・仰向け型」「B・横向き型」「C・うつ伏せ型」「D・胎児型」の4つの寝相で、自分が近いものを選んだMCの二人。
 「A・仰向け型」を選んだ村上が「これ以外では寝られない」と言うと、マツコは「これ以外で寝られないというのも、ちょっとバカみたいね」と返し、「いや、寝付くときやで」と弁解する村上をよそに「バカみたいに寝るのね」と言い放った。これには村上も負けまいと「横向きもだらしない。よだれを『ビャー』と垂らしたりするんちゃう?」と追求したが、「垂らすよ」「(枕に)タオル巻いてるもん」と平然と答えるマツコには「俺もタオルを巻いてるよ! 夏場は汗かくから」と興奮気味に便乗した。この後、何故かタオル論争が続き、「5年くらい前から」枕にタオルを巻いている村上に対して、「こっちはもう20年も前から巻いてるわ!」と言うマツコが圧勝した。

 肝心な性格診断の結果は、「A・仰向け型」である村上は「開放的なポーズからわかるように、自分に自信があって安心感が強い。一方ですべてが自分中心に回っていると思いがちな女優タイプ。子供に多い」と発表されると、「ほら、だからやっぱり......」と納得したマツコが一言。一方、「B・横向き型」のマツコの診断は「バランス感覚が良好で協調性に優れ常識的。利き腕を守る心理から利き腕側を下にして寝る人が多い」という比較的良い診断がくだされた。この結果に村上は「なんか嫌やわ」と不満顔を見せた。

 次回の放送では、暴走モードのマツコが「ダークサイドマツコ」を見せるとか。


(提供=テレビマニア