>  > 森山直太朗は精力剤"凄十"愛飲者!? パンツ一丁でモー娘。踊る!
TVワイドショーななめ読み

森山直太朗は精力剤"凄十"愛飲者!? パンツ一丁でモー娘。踊る!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
moriyama_tum.jpg

『プレミアMelodiX!』公式サイトより(リンク


 8月24日(26:50〜)深夜放送の音楽番組『プレミアMelodiX!』(テレビ東京)に森山直太朗、家入レオらが出演。

 最初のゲスト・森山直太朗は「山ちゃんのYAMAA!トピックス」のコーナーにて、ツアーの打ち上げで大ハシャギした話を始めた。"脱ぎ癖"があるのか、去年に続き、今年も打ち上げ開始5分でパンツ一丁になってしまった森山......。「我慢できなくなっちゃって」と言う森山に、ナビゲーターの南海キャンディーズ・山里亮太が「なんで脱いじゃうの?」と聞くと、「どれだけ楽しい打ち上げができたかっていうのが、どれだけこのツアーが充実したかっていうののバロメーター」と答えた。

 そんな森山がパンイチで何をしたのかというと、スタッフが余興(※前座のようなもの)で、モーニング娘。『恋愛レボリューション21』を披露するも、素人ならではの初々しさもあるが「2番のサビくらいから間延びする」と語る森山。間延びを埋めるため、ちょうど打ち上げ開始5分辺りのそのタイミングで「いえ〜い!」と森山はパンイチになって踊りに加わるという。パンイチになるスピードには自信があるようで「毎日のことだからね。得意分野です」と堂々と話す森山には南海キャンディーズの二人もツッコミの入れようもない様子であった。

 また、スタッフが大困惑したエピソードでは、森山から突然贈られてきた100本の"凄十"の話題へ。"凄十"は男性用の強精系栄養剤で、森山がそれを知ったきっかけは、同局の番組で落語家・笑福亭鶴瓶と話した時のこと。"凄十"を人からもらって飲んだ鶴瓶がその効能を「すごい」と述べると、放送後、大反響となったそうだ。"凄十"のメーカーの方から森山サイドに電話があり、「結構な量の"凄十"を送ってくれた」という。「あと5本くらいしか残ってない」と言う森山は、"凄十"パワーで「いまも我慢してるくらい」と話し、山里から「この番組なんだと思ってるんだよ。そういうトークしていいのはおたくの義理の兄貴がやっている番組だけだよ」と、おぎやはぎ(小木博明・矢作兼)がレギュラーを務める『ゴッドタン』(テレビ東京)を引き合いに出して、笑いを誘った。

 続いてのゲスト、シンガーソングライター・家入レオは、ツアー中に思いつきで家入から髪を切られたバンドメンバーが「次のツアーが怖い」と言っている件について説明した。

 バンドメンバーのドラムが左右で長さの違うアシンメトリーな髪型をしていたことに、「どうしてもそれがその方に合っていない」気がした家入が「私が切っちゃおうかな」と提案すると、「いいよいいよ、切りなよ」と言われたので髪を切ったという。学生時代はよく(周囲の人の)前髪を切ってあげていた家入は「(出来栄えは)なかなか良かったと思う」との感想だったが、番組が髪を切られた"ドラムのはらさん"に確認してみたところ、「あの時の髪型は昔から馴染みのある美容師さんと決めたものだったので、すごく気に入っていました。なのに家入さんにそこらへんにあったハサミで切られて、正直驚きました」「さらにライブ中にお客さんにむかって『坊主にした方がいいと思う人〜』と呼びかけた結果、もっと髪を切ることになりました。今から次のツアーが怖いです」というコメントが寄せられ、山里から「全然喜ばれてないじゃん」とツッコまれた家入は「お客さんと悪巧みしちゃいました」と反省してみせた。

 次回、9月7日のゲストは、フラワーカンパニーズ、秦 基博ら。


(提供=テレビマニア