>  >  > ほんとコロコロ変わるルールで嫌んなるよ!
俺の、最後の獄中絵日記 第196回

ほんとコロコロ変わるルールで嫌んなるよ!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらい月形刑務所で服役中だった後藤武二郎は、ある日、たまたま目にした職業訓練募集の張り紙に深く考えず応募したところ、まさかの当選。住み慣れた北海道を離れ、九州は佐賀少年刑務所へ移ることになってしまった。


enikki_tobira.jpg


全てはオヤジの気分次第ってところ?

2013年(平成25年)7月23日

俺の"名指しで注意を受けてしまう"という記録は、昨日まで更新中だったので
決意も新たに今日こそはと挑んだところだったが......。

ここは夜が明けると起床のチャイムが鳴るまでの間
布団の中で他人の迷惑にならないならば読書が許されている。
たしか甲府刑務所もそうだったナ。

今日、部屋のひとりがまだ夜が明けきらない暗い内から本を読んでて注意を受けて減点された。
減点3で部屋のテレビは観られなくなるというルール。
テレビの視聴禁止までには至らなかったものの、
やはりCADの訓練生が昨日、室内体操でシャドーボクシングをしていて減点され、オヤジに怒られたばかり。

昨日に引き続きの今日でオヤジも怒り心頭。
まあ本人は呼ばれてガンガン言われても仕方のない事と思っていたら、今日は昨日と違った。

俺を含む部屋のもうひとりも呼ばれ、部屋全員3人でオヤジの目の前で立たされて
えらい長い時間説教されたよ。
昨日は本人だけが注意を受けたのになぜ今日は連帯責任だったのか...
よくわからんがこういうところに俺のツキの無さが現れるんだよ。

懲役来ると本当に面白いほどガミ喰うことだらけだ。
その分シャバに出た時、開運してくれるといいけどね。

まあとにかく俺の"名指しで注意を受けてしまう記録"は
なんとかストップした。
喜んでる場合でもない1日だったがね。


gokuchu196_1000.jpg