>  >  > せっかく扇風機ついてるんだから別に夜中だって回してくれていいんだぜ
俺の、最後の獄中絵日記 第187回

せっかく扇風機ついてるんだから別に夜中だって回してくれていいんだぜ

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらい月形刑務所で服役中だった後藤武二郎は、ある日、たまたま目にした職業訓練募集の張り紙に深く考えず応募したところ、まさかの当選。住み慣れた北海道を離れ、九州は佐賀少年刑務所へ移ることになってしまった。


enikki_tobira.jpg


熱帯夜って言葉を知らないんじゃねーの


2013年(平成25年)7月14日


暑い! さすが九州は南国佐賀。

ここの刑務所の雑居には壁に扇風機が取り付けてある。こんな気の利いた刑務所は初めてだ。

これまで、夏はウチワ1本でシノぐしかなかった事を考えると恵まれた刑務所なのだが、夜は就寝を2時間すぎた11時になると止まってしまう。

すると必ず目が覚める。汗をかいては寝苦しくなって目が覚め、汗を拭って再び寝ついてはまた大汗をかいて目覚める。この繰り返しで翌日もなんだか睡眠不足でとてもカッタルイ一日になる。

昨日はとくに暑かった。山梨では39度を出し、東京でも記録を出したらしい。佐賀では34度だったというが、この扇風機から送られてくる風はなんだか生暖かくて苦しい。

東京のお袋は大丈夫かな。パクられる直前にクーラーを買い換えておいて良かった。でもまた電気代の節約なんて言って暑い日々を送ったりしていないといいんだけどネ。

しかしこの暑さ、あと2ヶ月ちょっとは我慢しなくてはならないと思うと地獄だ。

しかもまだまだ暑くなるだろうからネ。

去年、一昨年とシャバで涼しく贅沢な夏を送ってしまったせいで、一段とこの暑さが老体にはこたえるよ。


20150808.jpg