>  > 元極道が我が身を振り返って一言「次女の亭主が義姉殺したらアカンやろ」
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!

元極道が我が身を振り返って一言「次女の亭主が義姉殺したらアカンやろ」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ、ラジオ、新聞はかならずしも事実を報道しているとはかぎらない。それは「嘘」を伝えているということではなく、都合の悪い情報をあえて伝えないことで世論をある特定の方向に誘導しようとしている可能性もある、ということである。そこで過去に何度もテレビ、ラジオ、新聞で「報道された側」(笑)であり、報道と事実のギャップを身を持って知っている男でもある元ヤクザ、現在作家の沖田臥龍に、「ニュースの読み方」を指南してもらう!

次女と三女が長女を......!?

okita_0802_01.jpg

「自殺装い姉殺害 2人の妹を逮捕 都内の大地主一家に何が?」スポニチAnnex(リンク

「自殺装い姉殺害 2人の妹を逮捕 都内の大地主一家に何が?」
スポニチAnnex 2015年8月1日 05:30
 東京都足立区の住宅で5月、住人の無職江川弘子さん(45)を殺害したとして、警視庁捜査1課は31日、殺人の疑いで不動産管理業江川悦子容疑者(43)=足立区江北=ら妹2人と男の計3人を逮捕した。ほかに逮捕したのは、無職小杉山真由美容疑者(37)=千葉県袖ケ浦市=と、悦子容疑者の交際相手の会社員深沢薫容疑者(44)=埼玉県戸田市。逮捕容疑は5月3日、悦子容疑者の自宅で、同居する弘子さんの首を果物ナイフで刺した上、ベルトで絞めて殺害した疑い。3人は容疑を否認している。

 捜査1課によると、弘子さんは首から血を流して玄関で倒れているのが見つかった。近くにナイフがあり、自殺をほのめかす文書が室内から見つかっていた。

 悦子容疑者らは「姉が玄関で自分の首を刺した」と説明していたが、司法解剖の結果、主な死因は窒息死で首に絞められたような痕があったことから、事件の可能性が高いとみて捜査していた。近隣住人によると、一家は地元で有名な大地主で、自宅敷地内にはマンションと貸し駐車場があるという。父親は3年前、母親は昨年8月に亡くなっており「3姉妹とは近所付き合いがなかった。いったい何があったのか......」と心配そうに話した。

 次女と三女、そして次女の旦那が長女を殺害した容疑で逮捕された訳だが、3人もの身柄を持っていく以上、警視庁もそれなりの確信を持っているとみて間違いないだろう。

 報道では取り調べに対し、次女と次女の旦那は真っ向から容疑を否定。残る三女は容疑を否認しているように見せかけて、「私"は"何もやっていない」と微妙にニュアンスが異なる供述をしているらしい。裏を返せば、「私は何も知らないが、次女と次女の旦那は殺りました......」と言いたいのかもしれない。

 「資産家殺人」「三姉妹殺人」と、これだけテレビでも報道されてしまった以上、警視庁も「間違ちゃった、ごめんねっ」とコソッと次女や三女を釈放するとは思えない。今ごろ、容疑者3人のうち誰に最初にウタわす※1か、作戦を立てているはずだ。

 そうなると、現段階で一連托生のように映る次女夫婦より、供述に心の揺れがうかがえる三女をトップバッターに選んだとしてもおかしくはない。「お前さんが関係ないのはわかったが、お前さんの二番目の姉ちゃん夫婦はどうなんだ?」と。

 もっともウタわすだけウタわせたら、次は「お前も関係ないワケないだろうがっ!」と三女に供述を迫っていくのだろうが......。

実は私も「次女の旦那」なので、このニュースは気まずい

okita_0802_02.jpg

写真はイメージです

 とはいえ、私には、この4人の関係で殺人事件が起こること自体、理解できない。というのも、私自身が三姉妹の次女を嫁にもらっている「次女の旦那」だからだ。

 ヤクザとして現役だった頃は、長女のお姉さんに距離こそ作られていたが、優しく接してもらっていたし、私にとっては頭の上がらない存在だった。

 妹の方は、時に意見の食い違いから、無視のしあいを演じることこそあるが、今では実の妹と思っている。

 そして、嫁に殺人事件を加担させるなんて、絶対に考えられない。

 骨肉の争いが起こったならば、次女の旦那はどうして、それを制御できなかったのか......。

 もちろん現在はまだ捜査の途中である。この3人の容疑者だって本当のところは無罪かもしれない。本当は私のとこと同様、仲のよい三姉妹なのかもしれないし、またそうであってほしいと思う。どうか警視庁が「間違えちゃった、ごめんねっ」となることを祈りたい。


※1 ウタう......取り調べで自供すること




沖田臥竜
兵庫県尼崎市出身。日本最大の暴力団組織二次団体の元最高幹部。前科8犯。21歳から29歳までの8年間服役。その出所後わずか半年で逮捕され、30歳から34歳までまた4年間服役と、通算12年間を獄中で過ごす(うち9年間は独居)。なお、沖田の処女小説は本サイトで近日連載開始。乞うご期待!