>  > IVAN、過去に4ヶ月もの路上ホームレスだったことを衝撃告白!
TVワイドショーななめ読み

IVAN、過去に4ヶ月もの路上ホームレスだったことを衝撃告白!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気タレントあいばんの中2病ホームレス時代

TAKOYAMA0818_01.jpg

「あいばんのOFFICIAL BLOG」(リンク

 メキシコ出身、男性モデルとしてパリコレにも出演し世界のトップモデルとして活躍。現在はオネエタレントとして人気のIVAN(アイヴァン)が8月17日テレビ朝日『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』で、4ヶ月もの間ガチな路上ホームレスであったことを激白した。

 10代後半にメンズモデルとして、「MEN`S NON-NO」や「POPEYE」など有名ファッション雑誌やパリコレにも出演し、
世界のトップモデルとして華々しく活躍していたIVAN(アイヴァン)が、より"個性的"であることに憧れ、トップモデルでもありながら音楽活動も始めたものの、音楽活動に専念したくて、モデル事務所を勝手に辞め芸能界の掟を破ってしまうことに。

 事務所を勝手に移籍しモデル仕事を干されるも、「勝手に事務所を移籍する私、ヤバくな〜い?」や、その状態からの不安定な精神状態も「病んでる私、ヤバくな〜い?」と、いわゆる"中2病"だった事を奇しくも"中2病"という言葉を生み出したゲストの伊集院光の前で告白するかたちとなった。

 金銭的にも精神的にも追い詰められたIVAN(アイヴァン)は、マンガ喫茶生活後いよいよ浅草で路上ホームレスとして生活することなり、先輩ホームレスの通称「歯抜けじじぃ」に弟子入りし、自分は「でっけぇの」というアダ名で、約4ヶ月ダンボールに寝て暮らした。

 ちなみに食べ物は炊き出しや教会の食事であまり困らず、結果モデルの頃より10kg太ったそう。それでも炊き出しで並んでいる時に熱中症になり倒れ、救急車に運ばれた壮絶な体験を明かした。


(R-ZONE編集部)