>  > 『いただきハイジャンプ』HEY! SAY! JUMP・知念&岡本が"ウソ企画"で心霊スポットへ......! 薮宏太は「胸が痛い...」と体に異変も
TVワイドショーななめ読み

『いただきハイジャンプ』HEY! SAY! JUMP・知念&岡本が"ウソ企画"で心霊スポットへ......! 薮宏太は「胸が痛い...」と体に異変も

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
itadaki02_tum.jpg

『いただきハイジャンプ』公式サイト(リンク


 8月19日深夜放送の『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)で、Hey! Say! JUMPの知念侑李と岡本圭人、薮宏太が心霊スポットを訪れたほか、山田涼介、中島裕翔、有岡大貴、髙木雄也、伊野尾慧、八乙女光らもそれぞれ異なる"恐怖のリアクション"を披露した。

 この日の番組は、薮以外のメンバーは何も知らされていない状態で開始。冒頭から伊野尾の「宿題残ってる方もたくさんいらっしゃると思いますけれども、いただきハイジャンプの間は(宿題の)手を止めて観ていただけたら」という無責任発言が飛び出し、岡本は流暢な英語で「宿題をやっているみんな! 君次第だよ! 君ならできる!」と言ってカメラ目線でウインク。それに対してメンバー達が「ムカつくわ!」とブーイングを浴びせるなど、賑やかなオープニングトークを展開していた。

 ロケVTRが始まると、映し出されたのは探検隊の衣装で夜の都内某所に連れて来られた知念と岡本だった。そこで2人に伝えられたテーマは"新種のアリを捕獲せよ!"というもので、10匹以上見付けられると好きな名前が付けられるとのこと。Hey! Say! JUMPの名を後世にも残せるチャンスとあって、「『いたジャンアント』みたいな?」と言う岡本に対し、知念は「"蟻"岡大貴」を提案するなど和気あいあいとした様子。

 しかし、ここでVTRにはロケ車の中からアリ探しロケに向かう2人を見つめる薮が登場。ここで本当のロケ内容"人は「心霊スポット」にそうと知らずに行っても恐怖を感じるのか!?"というテーマが明かされると、そうとは知らずにアリ探しロケを完遂してスタジオでVTRを見ていた知念と薮は「ちょっと待って聞いてない!」と動揺。さらに、この日MCを担当していた伊野尾も「進行の私も知らない」「ここからどうやって進めていいのか」と同じく動揺を見せた。

 ロケVTRが再開すると、薮と一緒にロケ車内には霊能者が同行していたことが説明された。霊能者は、知念と岡本が心霊スポットと知らなくても「何かは感じると思いますよ」と予言。薮は「そんな怖い所に連れてって大丈夫? 圭人」と怖がりな岡本を心配した。

 最初のスポットは墓地の下を繰り抜いて作られたというトンネルで、2人よりも先に薮が訪れていた。入口の時点で既に違和感を感じたという薮は、霊能者の説明を聞きながら「トンネルに入ってきてから、僕ちょっと顔の汗が...」「寒気ですかね、冷や汗的なものが......」と訴えた。ここでは後で来る知念と岡本のために霊能力者がお祓いを行った。

 薮達がロケ車に隠れていると、知念と岡本がアリ探しにやってきた。しかし、最初に薮が異変を感じたトンネルの入口を普通に通過。すっかりアリ探しに夢中になっている2人は、トンネル内でも何の異変にも気付かなかった。

 次のスポットは霊園にある電話ボックス。こちらも薮達が先に訪れてお祓いを行っていたが、後からやって来た知念と岡本の様子を見ていた霊能力者が「いる!」と声を上げ、電話ボックスの中に女性の霊がいると指摘。薮は「マジこえ~!」と自分の体を抱きしめるような格好で見守っていたが、そんなことを知らない岡本は電話ボックス内でアリを一生懸命捕まえていた。

 その後、知念と岡本を守るために霊能力者がこっそりと2人の移動車に乗り込み、後ろから気付かれないようにお祓いを行う場面もあったが、全く気づかずに呑気に食事する2人。最後のスポット・神社の裏にある竹やぶに先に訪れた薮は「胸がずっと痛いんですよ」とこれまでにない不調を訴えながらも、知念と岡本のためにお祓いを行った。しかし、やってきた2人は大きなカエルに大興奮したり、セミに驚いて大騒ぎしたりとやはり異変に気づかない様子。結局、霊能力者がこれ以上の撮影は危険と判断して中断させたが、最後までアリに夢中の2人は霊に気付かなかった。

 VTR終了後、すべてを知った岡本が薮に向かって「知ってたんでしょ?」と問いただし、「会ってんじゃん、何回も。ロケ終わった後に」「謝ってくんない?」と怒り炸裂。藪は「俺は仕事でやってんだよ」と反論したが、岡本は泣きそうな声で「こっちも仕事でやってるよ!」と訴えた。また、伊野尾が「終わって、2人は異変なかったの?」と尋ねるも、知念は「すこぶる調子が良かったです」と実感がなかったことを強調した。

 エンディングに差し掛かったところで、薮が「こういう怖い話をしてると、霊って寄ってくるものじゃん」と言うと、スタジオの照明が消えてしまった。メンバー達が驚いて声を上げた数秒後、再び明るくなったスタジオには、死神のお面を付けた何者かが立っていた。ちょうど知念の背後に立っていた死神に気付いた瞬間、椅子から転げ落ちる岡本、中島、有岡に、立ち上がって避ける山田、髙木、伊野尾、薮。一方で、死神を振り返る程度の知念に、微動だにせず手を叩いて笑う八乙女と、メンバーそれぞれのリアクションが見られた。


(提供=テレビマニア