>  > 凶行の2日前、警察は山田浩ニ容疑者の身柄をいったんは確保していた!
ニュースななめ読み

凶行の2日前、警察は山田浩ニ容疑者の身柄をいったんは確保していた!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takoyama_news_0826_01.jpg

事件2日前、東京・秋葉原で山田容疑者、「スタンガン」「手錠」を所持...警視庁から職務質問受ける 産経ニュース(リンク

事件2日前、東京・秋葉原で山田容疑者、「スタンガン」「手錠」を所持...警視庁から職務質問受ける
産経ニュース 2015.8.23 16:34
 大阪府寝屋川市立中木田中1年、平田奈津美さん(13)が殺害、遺棄され、同級生の星野凌斗さん(12)も遺体で見つかった事件で、平田さんの死体遺棄容疑で逮捕された山田浩二容疑者(45)が事件直前の11日未明、東京・秋葉原を車で走行中に警視庁の警察官から職務質問を受け、車内からスタンガンと手錠が見つかっていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警高槻署捜査本部は、山田容疑者がこれらを普段から携行していた可能性もあるとみて、事件との関連を調べている。

 山田容疑者は、平成14年にも寝屋川市内で中学生の男子生徒を車に監禁する事件を起こして逮捕されているが、この事件で手錠を使用。捜査関係者などによると、同年3月、路上で「駅に行く道を教えてくれ」と生徒に声を掛けて車に乗せ、隠し持っていた手錠で拘束して現金などを奪ったとされる。生徒は車で連れ回され、同市の駐車場で粘着テープで両手を縛られた状態で発見されていた。

 捜査関係者によると、山田容疑者は今月11日午前0時15分ごろ、秋葉原の路上を車で走行。巡回中の警察官が運転していた男の挙動を不審に思い、職務質問した。車には別の男性も同乗しており、2人は警察署に任意同行されたが、手錠やスタンガンについて山田容疑者は「護身用だ」と説明。スタンガンは電池がなく、すぐに使用できる状態ではなかったという。

 警視庁は犯罪性はないと判断し、本人確認などを行った上で、午前3時半ごろ2人を帰した。山田容疑者は尿検査も受けたが、違法薬物などの陽性反応はなかったという。山田容疑者は会員制交流サイト「フェイスブック」で10~11日、秋葉原や池袋などに立ち寄っていたと投稿。警察署を出て約1時間半後には「お台場、レインボーブリッジなう!!」と書き込んでいた。(後略)


あともう一歩のところで......

takoyama_news_0826_02.jpg

山田浩ニ容疑者のフェイスブックより

 職務質問したのに......、警察署に任意同行までしたのに......、もう一歩のところで山田浩ニ容疑者の凶行を未然に防ぐことができただけに、非常に残念である。

 ただ、山田容疑者を解放してしまった警察官たちを責めることはできない。スタンガンや手錠の所持や使用を取り締まる法律は、銃刀法ではなく軽犯罪法であって、理由や場合によって罪に問えたり問えなかったりするあいまいな品物だからである。

 たとえスタンガンを携帯していても、「大金を運んでいる途中」や「夜道を歩く女性」であれば、職務質問を受けてもとがめられないケースがあるという(没収する警察官もいる)。もちろん近くで重大な事件があったり、国賓が来日してたりすれば話は別である。それくらい微妙なものなのだ。

 そして山田容疑者のスタンガンは電池が入っていなかったのか、切れていたのか知らないが、とにかくすぐには使用することはできない状態だった。だから現場の警察官の判断を非難することはできない。

 ただ一緒に手錠も見つかっているのだ。前歴を照会すれば、過去に山田容疑者が手錠を使った犯罪を起こしていたことはすぐに判明したはずだ。覚せい剤で逮捕されたことにある人間なら職務質問され警察署に任意同行された時点でオシッコを出すように求められるのだから、手錠を使った前歴のある山田容疑者の車の中から手錠が出てきたのだから、もうちょっと厳しく取り締まってもよかったのではないか。そうすれば、山田容疑者もフェイスブックに「お台場、レインボーブリッジなう!!」などとお気楽に書き込んでいる余裕はなかったはずだ。そして、そのあとの悲劇も......。


 もちろん今から何を言っても「たら、れば」の話なのだが......。