>  > 元極道が回想「私が食品衛生法違反の容疑で逮捕された件について」
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!番外編

元極道が回想「私が食品衛生法違反の容疑で逮捕された件について」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好評をいただいている『元極道~』シリーズですが、今回は趣向を変えて、作者・沖田臥龍自身の「ニュース」をお届けします。8回を数える沖田の前科のなかでも、もっとも笑える(?)事件とはいったい???


夏は食中毒にご用心

okita_0725_01.jpg

「多治見と揖斐川の飲食店で食中毒/岐阜」毎日新聞2015年07月25日地方版(リンク

「多治見と揖斐川の飲食店で食中毒/岐阜」
毎日新聞2015年07月25日地方版
  県は24日、多治見市太平町の居酒屋「X(記事では実名)」で15日に鶏肉ユッケやお好み焼きなどを食べた36歳と37歳の女性2人が下痢や腹痛など食中毒症状を訴え、うち1人からカンピロバクター菌が検出されたと発表した。

 また、揖斐川町の「Y(記事では実名)」で18日に刺し身などを食べた30〜74歳の男女9人が下痢などの食中毒症状を訴え、患者や調理従事者からノロウイルスを検出。両件ともにいずれも快方に向かっている。県は28日までの5日間、両店を食品衛生法に基づき営業停止処分とした。(以下略)

 私の8つを数える前科のなかには、「食品衛生法違反」というのがある。

 私をパクッた暴力の刑事いわく「ヤクザをこんな罪名でパクんのはじめてやな〜」
 私「だったらパクんな!」
 刑事「だって、署長がうるさいねんもん〜(笑)」

 トホホであるが、それくらい当時としては珍しい事案だった。さて、どうしてそういうコトになったかだが......。

あのババア、ヤクザをこきつかいやがって

okita_0725_07.jpg

 まだ私がヤクザとして駆け出しの時代の話である。私の地元には万札一枚で堂々と「本チャン」をやらしてくださる、いわゆる"新地"が存在する。スケベな男共には、大変ありがたやのピンク街である。

 しかも、オバチャンや妖怪?などではなく、レベルの高い女の子ばかり。そのピンク街の週末の凄まじさといったら、ちょっとしたお祭り以上の騒ぎの様相を呈しており、県外からもスケベ共が大挙して観光がてら抜きにくるほどだった。

 恐喝以外ろくなシノギをもっていなかった当時の私は、その光景を見つつアホなコトをアホな頭で閃いてしまった。

 ここで屋台でもやればウハウハになり、直参だってなれるんじゃなかろうか、と(なれる訳なかろうが)。

 早速、当時乗っていたクラウンを売りさばき、屋台用の軽自動車を安値でたたいて買い上げ、商売を始めるコトにしたのだった。選んだネタは、キャベツに卵をからめてお好み風に焼く「一銭焼き」。当然、電気が必要となったので、近くのラーメン屋のおっちゃんに頼み込むと、タダで電気を使わせてもらえるコトができた。

okita_0725_08.jpg

 だが実際、笑けてしまうくらいあまりにも売れなさ過ぎて、当初予定していたウハウハも、直参に駆け上がるコトもできなかったのだが(当たり前だ)、雨の日も風の日も当番明けの日も休まず無許可営業を続けたおかげで、様々な人間模様を垣間見るコトができた。

 脇道から顔をマスクで隠しそそくさと店へと入る女の子。
 お金を貯めてアメリカに留学するといいつつ、店がはねれば稼いだ金でホストクラブに通う娘さん。
 ゴキブリが店に出たからと言ってヤクザの私にゴキブリ退治をさせやがった遣り手ババア。
 ここに相談に行けと言われたと言って、族車で営業妨害をしに来た男の子。
 夜中にマヨネーズを差し入れにきてくれた子もいたっけ。

 たった7ヶ月(のうちの6ヶ月間は所轄の暴力に内偵を入れられていたらしいが)だったが、そこで知りあった人達の中にはいまだに良い付き合いをしている人達もいる。願わくば、この先もそんな街の灯を絶やさずにやってほしいと私は思う。スケベ心からだけではない。世の中がすべて明るく、眩しい場所ばかりになってしまったら私のような人間には少々息苦しいのだ。そもそも裏があるからこそ、世の中には表があるのではあるまいか......。

 しかし笑ったのが私をパクったあと、裏をとるために刑事が行った先がスーパーマーケットって。私の供述通りキャベツが本当に売られているかどうかなんて、そりゃ売ってるに決まってるだろうが




沖田臥竜
兵庫県尼崎市出身。日本最大の暴力団組織二次団体の元最高幹部。前科8犯。21歳から29歳までの8年間服役。その出所後わずか半年で逮捕され、30歳から34歳までまた4年間服役と、通算12年間を獄中で過ごす(うち9年間は独居)。なお、沖田の処女小説は本サイトで近日連載開始。乞うご期待!