>  > 山口祐二郎が「行き過ぎた暴力団排除の傾向」を憂う
憂国我道会・山口祐二郎のひとりごと

山口祐二郎が「行き過ぎた暴力団排除の傾向」を憂う

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とことんまで追い込まれた暴力団はどこへ行くのか

 暴対法、暴排条例しかり、現在の日本はヤクザを人と思わない国になってきている。そのことを如実に表した、先日の警察庁長官の発言は、一線を越えたものだろう。

yamaguchi20150712_01.jpg

「工藤会の恐怖支配崩す」警察庁長官、壊滅へ決意 西日本新聞(リンク

「工藤会の恐怖支配崩す」警察庁長官、壊滅へ決意
西日本新聞 2015年06月30日 01時14分
 警察庁の金高雅仁長官は29日、東京都内の日本記者クラブで会見し、特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)への対策について「組織のトップを死刑や無期懲役にもっていき、二度と組に戻れない状態をつくり、恐怖による内部支配を崩していこうという戦略。(以下略)
「工藤会の恐怖支配崩す」警察庁長官、壊滅へ決意 西日本新聞(リンク

 昨今の警察によるヤクザへの締め付けはとても厳しく鼻につく。ヤクザだから関係ないと、何が何でもホコリを見つけ強引に罪にして逮捕をしているように見える。僕には、警察の手法は非人道的としか思えない。

「千葉県議選の公選法違反で住吉会会長を起訴」産経ニュース 2015.6.27 07:10(リンク
(前略)起訴状によると、関被告らは3月7日、いすみ市選挙区から立候補予定だった小路正和県議(47)を当選させるため、共謀して同市の飲食店で地元の有権者13人に1人当たり4192円相当の接待をし、投票や投票のとりまとめを依頼したとしている。(以下略)

「極東会会長を詐欺罪で起訴 87歳韓国籍 東京地検」産経ニュース 2015.6.23 18:48(リンク
(前略)起訴状によると、暴力団排除条項により●(=恵の心を日に)被告自身の口座は開設できないため、平成23年10月、東京都足立区の銀行支店で、長女(52)に口座開設を申し込ませ、通帳をだまし取ったとしている。(以下略)

 ヤクザを人として見ず、追い詰めた先には何があるのか。僕は今回、このことで文章を書きたい。