>  > 元極道が嘆息「盗撮が田代まさしさんの"カタ"なんやな」
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!

元極道が嘆息「盗撮が田代まさしさんの"カタ"なんやな」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ、ラジオ、新聞はかならずしも事実を報道しているとはかぎらない。それは「嘘」を伝えているということではなく、都合の悪い情報をあえて伝えないことで世論をある特定の方向に誘導しようとしている可能性もある、ということである。そこで過去に何度もテレビ、ラジオ、新聞で「報道された側」(笑)であり、報道と事実のギャップを身を持って知っている男でもある元ヤクザ、現在作家の沖田臥龍に、「ニュースの読み方」を指南してもらう!


いったいこれでもう何度目なんや

okita_20150710_01.jpg

「田代まさしさん、書類送検へ 駅でスカート内を盗撮容疑」朝日新聞DIGITAL

「田代まさしさん、書類送検へ 駅でスカート内を盗撮容疑」
朝日新聞DIGITAL 2015年7月10日14時19分
 女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁が、元タレントの田代まさし(本名・田代政)さん(58)=東京都=を東京都迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで近く書類送検する。玉川署への取材で10日わかった。容疑を認めているという。

 署によると、田代さんは6日、東京都世田谷区の東急線二子玉川駅のホームで、女性のスカート内を盗撮した疑いがもたれている。盗撮の様子を目撃した人の通報を受け、署員が田代さんに事情を聴いたところ、盗撮を認めたという。女性はその場から立ち去った。(以下略)「田代まさしさん、書類送検へ 駅でスカート内を盗撮容疑」朝日新聞DIGITAL(リンク


 よかったなマーシー。

 もしパンツを盗撮されていた被害にあった女性の方が被害届けさえ出してくれていれば、確実に身柄を拘束されていたであろうに、その方が立ち去ってしまい書類送検とは......実におしい。

 まあ、身柄を拘束されるのも、もう手慣れたものか。

 しかし、マーシーの携帯の画像フォルダに他のパンツはなかったのだろうか......気になるところだが、それともまた覚せい剤が出て再逮捕を狙い、話題を独り占めする気ではあるまいな。




okita_20150710_02.jpg

「田代まさしまた盗撮...耳にタコができるぐらい不祥事」日刊スポーツドットコム(リンク


 覚せい剤には、個人個人「カタ」というものがある。

 マーシーのように盗撮に走る者や(もっとも、今回は覚せい剤を使用していたかどうか知らないが)、ひたすら試写室にこもりナニする者、睡眠薬(特に赤玉)を一緒にきめスーパーサイヤ人になったつもりの者とよりどりみどりなのだが、私の地元の先輩で覚醒剤を打つと、知らない人の家に勝手に侵入し、家の物を物色するという変わり種がいる。

 おかげさんで、その先輩はいつも物色に没頭し過ぎて、毎度毎度現行犯逮捕されているのだが......。

 あっ、そういえば、注射器の針をひたすら見つめ、針に小さく映る背後を気にし続ける「カタ」の奴もいたな〜。

 失礼、マーシーは今回、覚せい剤を使用してたかどうかまだ不明なのか。ということはマーシーの場合、「カタ」ではなく性癖ということか......。




沖田臥竜
兵庫県尼崎市出身。日本最大の暴力団組織二次団体の元最高幹部。前科8犯。21歳から29歳までの8年間服役。その出所後わずか半年で逮捕され、30歳から34歳までまた4年間服役と、通算12年間を獄中で過ごす(うち9年間は独居)。なお、沖田の処女小説は本サイトで近日連載開始。乞うご期待!