>  > 残虐性高い「関東連合」生まれた背景に「お受験」?
ネットで見つけた発言を検証してみよう!という新企画

残虐性高い「関東連合」生まれた背景に「お受験」?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


残虐性高い「関東連合」生まれた背景に「お受験」?

 昨日に引き続き、ノンフィクション作家の石井光太さんと2年前に行なった対談からの抜粋です。我ながら、結構、本質を突いたことをしゃべってるなあと驚いてしまいました。相変わらず法的にはグレーな引用ですけど、もうちょっとだけ大目に見てください(笑)。

kudoakio_0709_03.jpg

AERA (アエラ) 2013年 8/5号

石井 一般的に暴走族とか不良になるヤツって、オヤジがヤクザだったり、家庭環境が複雑だったりしますけど、工藤さんたちはどうだったんですか?

工藤 僕自身は杉並出身で、両親は離婚してはいますが、家庭が崩壊しているとか、食事に困るような環境ではありませんでした。他のメンバーも社長の息子もいたし、勉強ができなかったわけでもない。ただ、あの地域で本当に毛並みがいい子どもは幼稚園、小学校から私立学校に行ってましたからね。そこからちょっとランクが落ちる、家が自営業だったり、家柄はよくないけど親がおカネを持っていて放任してる、みたいな家の子が集まっていました。で、親からもらったお小遣いで友達を引き連れてゲームセンターに行って、そこで隣の地域から来る悪い子と仲良くなるみたいな。

石井 僕のまわりでも、中学時代にグレてた女の子がいるんですけど、いま考えると母子家庭ではあったけど、お母さんの職業は看護師でちゃんとした家庭だった。でも、あの地域ではスクールカーストの「下」だった。

工藤 あと、中学受験をするかどうかも大きいですね。受験する子は塾とか勉強があって、放課後に遊べませんでしたから。

石井 社会からはじき出される要因が「お受験をしない、できない」というのは地域柄ですね。でも、当時はそれがものすごく大きかった。単なる暴走族だった不良少年たちが、抗争に明け暮れるようになったのはなぜですか。(以下略)


ドットアサヒ・コムより引用(リンク

 自分でも言っていますが、「家柄はよくないけど親がおカネを持っていて放任してる、みたいな家の子」が本当に多かった。だから僕らは「一般的に暴走族とか不良になるヤツ」じゃなかったんです。

 普通の、有名な不良少年だったら、小学校の頃から武勇伝のひとつやふたつがあるわけじゃないですか。ところが、関東連合にはそういった過去のない人間が結構、多いんです。あの見立君にしても、中学校時代のエピソードは「放送部だった」くらいしか聞いたことないですし、僕自身も小学校の頃はわりと熱心に進学塾に通っていました。有名私立中学を受験して将来は東大に行きたいと考えてた時期があったんです。

 だから、関東連合も僕たちの世代くらいまでは石井さんが言う「暴走族だった不良少年たち」ではなかったのかもしれません。暴走族とか、不良少年の真似事、コスプレをしていただけだったのかも......。

 実際、永福の人間は古本屋で70年代の暴走族の写真集を買ってきて、表情とかよく真似してましたね。みなさんもネットで一度は、すごい表情した彼らの写真を見たことがあるんじゃないですか(笑)。

 そして、このことが、のちのち大きな事件を引き起こす原因になっていったと思うんですけど、その話はまた明日!


(文=工藤明男)