>  >  > 僕からしてみれば、どっちもどっちなわけで
工藤明男コラム

僕からしてみれば、どっちもどっちなわけで

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新手のパブリシティですか、辛坊さん?

 辛坊治郎さんというキャスターがいらっしゃいます。おもに関西で活躍されている方で、ニュースを解説する本も書かれたりしています。

 その辛坊さんが今回の『絶歌』騒動について、スポーツ報知でコラムを発表されていました。

20150625kudo_zekka07.jpg

【辛坊持論】出版界の"タブー"犯した会社を許しません スポーツ報知 転載元はこちら

 出版社は大変です。単行本で最初に印刷する分を「初版」といって、1万部前後が標準ですが、例えば初版8000部が完売するだけでも、今や出版社は万々歳です。(中略)ちなみに私の新刊「ニュースで伝えられないこの国の真実」は、現在三刷り2万8000部、絶賛発売中です。一層のご支援、よろしくお願いします(以下略)

【辛坊持論】出版界の"タブー"犯した会社を許しません スポーツ報知より一部引用

 コラムの中で『絶歌』の中身に触れているところは皆無でした。

20150625kudo_zekka08.jpg

ニュースで伝えられない この国の真実 著/辛坊治郎 発行/KADOKAWA・中経出版

 ご遺族に関して触れている部分はごもっともな意見なんですが、すでにいろいろな著名人が繰り返し発信しているコメントと大差ないもので......。

 辛坊さん......、これって出版社の批判にまぎれて自分の著書のパブ打ってません?

 ちなみに私の処女作「いびつな絆 関東連合の真実」(宝島社)は、現在4刷だか5刷だか忘れましたが17万部、いまだ絶賛発売中です。次作の発売よろしくお願いします。

 私は誓います。この本を出版した会社が、今後いかに優れた書籍を販売することがあっても、絶対に買いません。私は今、そのくらい怒っています。
((株)大阪綜合研究所代表・辛坊 治郎)

おお恐!





(次回の掲載は6月26日午後12時です)





元関東連合幹部、大ヒット作『いびつな絆』著者である工藤明男ならでは視点で元少年A(=酒鬼薔薇)の『絶歌』を読み解く!

緊急連載 工藤明男は『絶歌』をこう読む
第一回 工藤明男から見る六本木クラブ襲撃事件と神戸連続児童殺傷事件の違いとは? はコチラ
第二回 僕も元「少年A」だった・・・工藤明男が「絶歌」をとりまく現象を思う はコチラ
第三回 元少年A『絶歌』出版における、それぞれの視点と客観性 はコチラ
第四回 『絶歌』騒動をめぐって──工藤明男がダウンタウン松本に感じた違和感 はコチラ
第五回 工藤明男が語る「酒鬼薔薇事件を担当した元判事の意見は浮世離れしている」 はコチラ
第六回 社会に波紋をなげかける本を出版する、ということの意義と弊害 はコチラ
第七回 元少年Aに顔を本名を晒せというのは大衆が「リンチして殺す」ため? はコチラ
第八回 太田出版周辺には常識のある「大人」は誰もいなかったのか はコチラ
第九回 医療少年院の矯正教育についての検証をどなたもされないようですが はコチラ
第十回 明石市市長の「不買」発言は政治的圧力でも言論の自由への干渉でもない はコチラ
第十一回 外野がすべきこととそうでないこと、そしてやってはいけないこと はコチラ
第十ニ回 著名人、芸能人のコメントなんてなんの意味もない はコチラ