>  >  > もしかしたら九州の刑務所に移動になるかもしれない
俺の、最後の獄中絵日記 第138回

もしかしたら九州の刑務所に移動になるかもしれない

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらった後藤武二郎は現在、北海道は月形刑務所で服役中。こんなことは今度で最後!と心に決めた武二郎は、今のみじめな境遇をいつまでも忘れないために、日々の暮らしを支給された唯一のペン=ボールペン1本で描くことにしたのだった。


enikki_tobira.jpg


吸収できるものはすべて吸収したい

2013年(平成25年)5月23日

刑務所では、社会復帰したあとの生活支援として、いろいろな職業訓練を行っているんだ。

いろいろな刑務所で、それぞれ別の訓練を行っているのだが、募集があるたび告知される。

今回も4つの刑務所からそれぞれ木工、数値制御※1、測量、CAD※2などの募集があった。

このCADってやつ、前々から興味はあって、シャバに戻ったら少しかじってみようと思っていた分野だったのだが、まさか刑務所の職業訓練にあるとは思ってもみなかった。

場所は佐賀刑務所、期間は7月から11月の5ヶ月間。

思ってもみないチャンスに少々迷う。

理由は、やっとここの生活に慣れ、独居への転居もあとわずかで順番が来る。

しかし訓練に行くことになったら、面倒な荷物まとめをして九州まで行き、知らない奴らとイチからやって、5ヶ月たったらまたこっちに帰ってきてまたイチからやり直し。

考えただけで、気が重くなる。

募集の告知を持ってきたオヤジは言った「希望する者は昼食後に願箋を出すように」と。

15分しかないよ! ゆっくり考える間もない。

しかたない、申し込んだよ。

もっとも全国の刑務所で告知して、募集人数は10人かそこらだから、まず行けないと思うけどネ。

まずは、とりあえず喰い付いとくか。

考えるのはそれからだ。


20150620.jpg


※1 数値制御......機械を使った加工方法のひとつ。機械に行わせる動作を数値で指令する方式のこと。
※2 CAD......コンピュータを使って設計図などを描くこと。