>  > 酒と世界と工藤明男
工藤明男コラム

酒と世界と工藤明男

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



S__6725638.jpg

「日本酒」表示、純国産に限定 財務省が年内にも方針


 日本酒がブランド化するんですね。良い事じゃないですか。というより、何故今までそうしなかったのかが疑問です。

 利権問題に着目するのが遅過ぎた感がありますが、海外で生産している日本酒(?)の名称はどう変わるのでしょうか?

 既に『日本酒』なり『ジャパニーズ・サケ』なりが海外でも認知されているので、それぞれ企業ごとで考えるのか統一するのかは分かりませんが、ラベルの部分が多少変わる程度でしょう。シンプルに考えればライス・ワインとかかな?

 ちょっと前にものすごい勢いで流行った『獺祭(だっさい)』などは、海外の三ツ星レストランのワインリストに載ったり、各国のVIPやセレブの間でも"日本のロマネコンティ"とまで称され、非常に人気なのだとか。

 各言う、僕も一時期かなり呑みましたが、本来は田舎の温泉に置いてあるようなもっと米くさい日本酒が好きです。

 しかし、こんな文章を書いていると呑みたくなってきちゃいますね。

 ちなみに日本酒は飲む前に瓶ごと振るとアルコール分子の結合が適度にほぐれ、口当たりがまろやかになって美味しくなるそうです。

 ともあれ、自分が醸造しているわけでもないのですが、酒だけに限らず日本独自の技術をブランド化して世界に発信すると言うことは非常に誇らしいですね。


 文=工藤明男