>  > 東京の平和は俺が守る!コウノモトウの東京パトロール開始「幻の大猿伝説を追え!」
ネット探偵・コウノモトウの「噂の東京パトロール(仮)」第1回

東京の平和は俺が守る!コウノモトウの東京パトロール開始「幻の大猿伝説を追え!」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コウノモトウ.jpg

東京の繁華街を、誰にも頼まれていないのにプライベートで警備し続ける男、コウノ。
四十代無職、住所不定。
趣味は「カネになりそうなものを拾うこと」
このコーナーは、そんな彼による私的パトロール活動の貴重な記録である。
TOKYOの平和は、実はこの男のおかげかもしれない。(R-ZONE編集部)


新宿で巨猿を目撃したと入電

 新宿・歌舞伎町に夜な夜な現れては、電線をブラブラ移動する巨大猿がいるという。
 街頭の防犯カメラに、その姿がしっかり映っていたらしい。
 大きさはゴリラなみ、ときには電線から飛び降りてサラリーマンからカバンを奪い取ることもあるらしい。
 誰が名づけたのか、その猿の名前はジーラ。
「新宿猿ジーラ」。
 かなり凶暴で、ヒトをさらって食用にしてしまうという噂も耳にしたことがある。

 しょうがないけど、俺が行くしかないだろう。
 ジャケットを煽り、俺は街へ飛び出した。

夜の歌舞伎町で、コウノは聞き込みを開始する

ジーラ.jpg

ジーラはどこだ!

 新宿・歌舞伎町。

 いつ来ても「ワルい空気」が充満している。

 ココの空気で風船を膨らませたら、風船の表面にクッキリと「悪」という文字がドス黒く浮かび上がるにちがいない。東京に暮らしはじめて20年以上経つが、この街と六本木だけはいつまでたっても慣れない。

 カブキモノ(歌舞伎町の住人)たちの容赦ないローカル圧力を全身に浴び、カラダのあらゆるパーツが萎縮しつつも「新宿猿ジーラ」の捜索をおこなうべくパトロールを開始する。

 だが、開始するやいなや、謎のポン引きに行く手をはばまれた。
(もしかして何者かが、俺の行動を監視している!?)



タイポン引き目線.jpg


「上物のDVDあるよ」(ポン引き)


   


臓器がマトモに機能していないのか、泥のような顔色だった。

俺は、ポン引きの誘いをクールに断った。

コウノモトウ01正方形.jpg

「......いや......大丈夫デス」


   



タイポン引き目線.jpg

ポン引きの顔色が泥から汚泥へと変化した。
どうやら俺の対応に苛立ったようだ。


   



コウノモトウ01正方形.jpg


「......やっぱり買おう......かな」


   



タイポン引き目線.jpg


「じゃあ、俺のあとをついてきな」


   



コウノモトウ01正方形.jpg


「あ、あの、ところでジーラって名前の巨大猿の噂って聞いたことあります?」

   

気のせいか、ポン引きの瞳がギラッと光ったように見えた。

俺はもしかしたら地雷を踏んでしまったのかもしれない。

タイポン引き目線.jpg


「猿?」


   



コウノモトウ01正方形.jpg


「は、はい」


   



タイポン引き目線.jpg


「巨大な?」


   



コウノモトウ01正方形.jpg


「は、はい」


   



タイポン引き目線.jpg


「......聞いたことないね」


   


否定するのが早過ぎた。あきらかに不自然なリアクションだった。

タイポン引き目線.jpg

「あっ!!」


   


ポン引きはいきなり大声を上げた。

タイポン引き目線.jpg

「ハクビシンなら見たことあるよ」


   



コウノモトウ01正方形.jpg


「ハ、ハクビシン......ですか?」


   



タイポン引き目線.jpg


「うん、1メートルぐらいの、茶色でデカいヤツ」


   



コウノモトウ01正方形.jpg


「......大きいですね」


   



タイポン引き目線.jpg


「ソコの路地で2、3回見たよ。ひょっとしたらハクビシンを巨大猿って勘違いしたんじゃないの?」


   


 そして、ハクビシンの生態についてとうとうと語りはじめたポン引き。長くなりそうだったので「貴重な情報ありがとうございました。今度そのパコパコママっていうの必ず買い行きます」と、むりやり話をさえぎった。

 嘘じゃない。

 東京で一番アウトローなメディアであるR-ZONEならきっと、裏DVDだって経費として認めてくれるはずだから。(編集部註・絶対に認めません)

 その後、数十分パトロール(という名の深夜徘徊)してみたが、ジーラを目撃することも有力な情報を得ることもできなかった。

 ジーラが巨大猿なのか、はたまたハクビシンの見間違いなのかは定かではない。

 ただ、歌舞伎町でエンドレスに流れている「客引き行為は禁止されています」というテープの音声はまったくあてにならない、ということだけは確かだった。

ジーラ02.jpg

ここがハクビシン(ジーラ?)の目撃された路地だ!


(取材/文=コウノモトウ)